« お菓子の日々、ジャム屋の仕事 | トップページ | モダンな打合せ »

2005年6月29日 (水)

パリのBIOのマロンのジャムと小麦胚芽のクラッカー

PICT0015 あーおいしい。

パリで買ってきたマロンのジャムと、こないだチーズを食べるために買っておいた胚芽クラッカーを一緒に。Miam-Miam!

おいしすぎてとまらない。チームromi-unieとともに大きな一瓶をほぼ完食。素朴な味がおいしいのです。マロンのジャムなのに、和菓子ぽい感じも勢いがつく原因。

1年にたった3回だけマルシェに売りに来るというKASMI夫妻作。たまたま出会えてシアワセでした。栗も作って、ジャムも作って自分で売って・・・。で、ちゃんとすっごくおいしい。そういう基本的なところがやっぱり最高だと思います。

固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98749/4760850

この記事へのトラックバック一覧です: パリのBIOのマロンのジャムと小麦胚芽のクラッカー:

» ジャム トラックバック rinenn diary*
最近チェックしている『いがらしろみ』さんのブログに、 おいしそうなジャムのお話が 続きを読む

受信: 2005/07/02 2:48:41

» クラッカー トラックバック セキュリティ技術・知識図鑑
クラッカークラッカー#火薬を用いたパーティーグッズ。細長い円錐形をしており、円錐頂点から出ている糸を引くと、内部の火薬が音を立てて爆発して紙吹雪などが飛び出す。食材。焼き菓子の一種で表面に穴があるのが特徴。小麦粉を主原料として、食塩、ショートニングなどを混合し、酵母|イーストを醗酵させて焼きあげる。...... 続きを読む

受信: 2005/07/04 23:57:05