« 2005年6月 | トップページ | 2005年8月 »

2005年7月30日 (土)

タイ屋台

050730095532.jpg

3年前からタイ料理の屋台村みたいなのが、由比ガ浜のビーチに出てる。

昨日の夜、あっちゃんのお誘いでお店のスタッフ数人と、この屋台に出かける。

タイのやきそばみたいなのとか、あ、ステーキもおいしかった。遠くでやってる逗子の花火をながら、おいしく楽しい夜でした。

夏だなーーーーー。

9日は鎌倉の花火大会なのです。

トラックバック(2)

2005年7月28日 (木)

夏色のナンシー関

050728190541.jpg

で、この前の記事とおんなじ日に行ったのですが、ODARAの後に、これまたオープンしたばかりのかき氷屋さん「埜庵(のあん)」へ。去年の夏までは鎌倉にあったのですが、立派になって鵠沼海岸へと移転しました。やっぱり天然氷のかき氷、最高です。冬の間秩父のほうで自然と固める天然氷を、こうして真夏の暑いときに、本当の桃で作った桃シロップをかけて食べるなんていうのは、これって、昔のお姫様のすることじゃないですか!まさにお姫様気分で頂くかき氷。そんじょそこらのモノと一緒にしちゃぁいけません。またこの味にめぐり合えた幸せに浸るのでした。この日はその後青い空を眺めながら、海岸を散歩して、いい夏の1日をすごしました。

仕事と生活ライブラリーのシリーズで同時に販売された中原慎一郎さんの「僕らのランドスケープ」を読みました。面白かった。アルバイト先での出会いって私も大事だなぁって思ったけど、中原さんも相当強烈なバイト先だったんですね。「トマス」って、最高だなぁ。そうか、こんな風にしてやってきたんだなぁって思ったんですが、前にフリペで読んだ中原さんの記事で、「亥年の蟹座」ってプロフィールに書いてあって、この本にも出てきた。実は私も同じってことで、妙な親近感です。今度サイン会の日にお会いするのが楽しみなのです。

トラックバック(6)

2005年7月28日 (木)

Cafe ODARA

050728190327.jpg

台風が過ぎて、青い空中がビカッと光っていた昨日は、茅ヶ崎まで行ってディモンシュ・スタッフだった次郎さんが始めたCafe ODARAへ。駅で電話したら、次郎さんが道の角まで迎えに来てくれました。ステキ。お店の詳細は、今月のカフェ・スイーツに載っているので、気になる方は読んでみてください。すっごく心地のよい空気が流れていて、どこにもかしこにも、次郎さんと奥さんのムードが溢れていて、とてもとてもよいカフェでした。ちょっとブームにのってその気になって始めましたってなカフェとは違う、まっとうさが感じられました。コーヒーも、とてもとてもおいしくて、バーバラ・アイガンに頼んだというカップの底に、飲み干すと出てくる音符のマークがサプライズ。また、ニクいなぁ~!

そんでその前の日の、思ったよりもなんともなく過ぎていった台風の日に、ベッドで一気読みしたリリー・フランキーの『東京タワー』。号泣して、次の日まで目がはれていた。いやぁ。ものすごかった。この生まれてきた感情をうまく説明できないのがもどかしいけど、これを読むのと読まないのとでは、人生が違ってるかもしれないって位、素晴らしかった。

リリーさんとは1度雑誌の取材で、前勤めていた学校のときに会ったことがあった。リリーさんと同じ学校だった料理研究家の方からの連絡で、「リリーさんがお菓子作りをしたいらしい」というので、学校に撮影に来ることになった。リリーさんの本も何冊か持っていて、リリーさんの書くコラムや、リリー君とかのイラストが好きだった私は、かなりウキウキと、そしてヘラヘラと仕事をしていたような気がする。ちょうど学校にパリジェンヌの女の子シェフがいる時だったので、女の子が好きそうなリリーさんにはぴったりだ!とその企画自体が相当面白いシチュエーションだった。私はそのときその通訳&アテンドに入っていた。遅刻癖で有名なリリーさんはやっぱり遅れてきたけど、私はそんなことをいろんなコラムで窺い知っていたので、「リリーさんらしい!」と、さらにちょっとうれしくなったりもしていた。アホだ。台風が過ぎる間、その本を読みながら、その頃のことを思い返してみた。たぶんそれは2001年の春頃だったんだと思う。そう考えると、大変な時だったのかなぁ。いちごのタルトを作った記憶があるので、きっと春だったんだと思う。なんか、私ってば、ヘラヘラしてて、ものすごく申し訳なかったなぁって気持ちになる。かなり個人的な思い出に勝手にシンクロさせて、すごくツライ気持ちになった。でも、やっぱり本を読んだ後、じんわりじんわり温かい気持ちになる、そんな本で、懐の深さっつうか、この作品のすごさを感じた。この本は絶対この後もっともっと話題になって、リリーさんは、今いるところから、すごく違う場所にいく人になるんだなぁ・・・と予感もしつつ、エラくなっても、面白いことをずっと書いてほしいなぁと思うのでした。で、ナンシー関とリリーさんの連載のまとめたのでも、ナンシーさんが突然亡くなって、リリーさんが寄せた文章が最後に出ていた。とてもとてもココロに沁みる文で、ちょっと泣いちゃったってことも思い出した。リリーさんがこんな人だと思わなかった・・・っていうのは、ものすごくいい意味で、ますますリリーさんのことが気になる私なのでした。

トラックバック(1)

2005年7月26日 (火)

ムケッカ

050726142600.jpg

「C'est la fete!ふたつのバースデーケーキ」でお世話になっているトリコロールブックスの杉さんがお店に来た。しばらくお休みしていたのですが、どうやら活動を再開したらしい。また今後の計画とかイロイロお話ししたりして、うれしいひとときでした。

そんなイロイロのお話をディモンシュでムケッカとガラナのブラジルセット(勝手に命名)をとりながら頂きました。

今日は台風。お店は4時で閉店することにして、台風に備えようと思います。

トラックバック(2)

2005年7月25日 (月)

フィッシュケーキ

050725203955.jpg 今日は美容院に行くついでに、かまぼこで有名な、小田原の鈴廣がやっている新しいお店に行ってきました。フィッシュ・ケーキのお店だそうです。へぇ~って思って入ってみました。

今日は朝は涼しい感じだったのに、もわーんってして湿気ててイヤになります。台風が近付いているんですね。

トラックバック(1)

2005年7月24日 (日)

撮影の準備

明日はカフェ・スイーツの撮影があるので夜、お店が終わってから準備。準備してたら材料が足りなくなっちゃった。明日の朝は早くから撮影なのに・・・。準備は早めにやりましょう。でも思ってたよりもおいしいジャムが出来たのでよしとしよう。秋の新作メニューをこないだチームromi-unieで決めたばかりなのに、このジャム入れたくなった・・・。

そうそう。今日3時すぎに余震が来た。やっぱり昨日のは大地震だったんだなー。昨日はお店のスタッフはお店が終わってから帰ってJRに乗れなかったらしい。かわいそうに・・・。それにしても昨日の地震で何にもなかったのは本当によかった。もうちょっと大きい地震だったらもっとすごく被害が大きかったらしい。そう考えると怖いよー。鎌倉は津波もあるから、由比ガ浜の海の家パパイヤでバイト中のAさんもすっごく心配してた。心配ばかりしていても仕方ないけど、ココロの準備をしておいて、いろんなことをシュミレートしておくのはいいことだと思う。

一人残って準備をするのは久しぶり?音楽を聴きながらフンフン作るのです。ジャムづくりはいいにおいでやっぱり楽しいものです。で、聴いてたのは、MIYASHIROというアルバムです。ホワーンとした夏にいい感じ。

トラックバック(0)

2005年7月23日 (土)

私って熱いかも。

Bretagne

今日は1日お店。

テレビや新聞の「コンフィチュール」ものも一段落と思いつつ、ネットとかで見るとコンフィチュールって言葉の持つ意味が結構誤解されたりしてるのかなぁって考えている今日この頃。

砂糖を使ってないものとか、野菜を使ったりとか、いろんな素材を組合わせたりとか・・・。フランス語でジャムなだけなのに。ジャムとは別モノという風になっている。で、みんなが「コンフィチュール」ってなんぞや?って感じてると思うんですよね。いまいち私がお店の名前につけた理由と全然違う感じになってるなー、世の中。こんなことになるなんて!もっと最初からちゃんと考えておけばよかったのかな。→反省・・・

昨日はお店でも使っているシシリー産のナッツなどを仕入れている業者の方が来たので、「私のコンフィチュール論」を熱く語ってしまった。ジャムじゃなくてあえてフランス語で「コンフィチュール」と呼ぶなら、フランスを感じさせるものでなくちゃいけない。これは今私の核にある考えです。今までジャムと言ってたお店が、ただ単に名前を変えたんじゃ、なんだか違う気がする。コンフィチュールの定義はこうです!みたいなものがあればいいんだけど。ただ、フランス語でジャムのことなんだから、ジャムとの違いを説明するったってね。

・・・などと、やっぱり熱く語ってしまうのでした。実はさっきも取材電話で燃えちゃったんだよなー。きっと向こうの方はびっくりしてただろうな。タイミングが悪かったんです。スイマセン

トラックバック(1)

2005年7月21日 (木)

サイン会。そして本を読んで欲しいの。

ブログ書きそびれておりました。ちょっと夏風邪を引いてしまったので、スケジュールもゆるりとしたところでたっぷり睡眠とってみました。エリック・ロメールの6つの教訓シリーズのDVDボックスと「下妻物語」、「ひなぎく」とか、ベッドの横にパソコン置いて、DVDを観たり、寝たり。おかげでパリの夢とかみちゃったりして・・・。

そんで昨日は久しぶりに舞浜のピエール・エルメに行ってきました。ピエール・エルメの大好きな紅茶「ジャルダン・ド・ピエール」が再び発売になっていたので、お友達の分と合わせて2つ購入。そのあと3つの打ち合わせ。ちゃんとお仕事もしてます。

さてさて。こないだいらしたお客様にも言われたし、取材にいらっしゃる方にも聞かれることがときどきあったりするので、きっと世の中には勘違いなさっている方が多いと思うのですが、この場を借りて大きく訂正を出したいことがあるんです。私がアルザスに行ったのは、クリスティーヌ・フェルベールさんのところに修行に行くためではなかったってこと。多くの方が勘違いをしていて、フェルベールさんのところには、何度もお客さんとして、そしてライターとして取材に伺ったりしたことはありますが、ジャムの修行をしに行ったのではないんです。私が書く文章や、取材して頂いたもので訂正を入れられる場合はいいのですが、最近はそうでないものもあったりしたので、ちゃんと私が訂正をさせて頂くのがいいかなぁと思いました。

実際、アルザスにお菓子を勉強しに行っていたことは事実なのですが、アルザスといえばクリスティーヌ・フェルベールさん。フェルベールさんといえば、ジャム。ってことで、私がジャムを作っているので、それがフェルベールさんのところで修行したってことに勝手な解釈をよんでしまうんだなぁと思います。私もフェルベールさんのことはいっぱい書いているし、大好きな方だし、大好きなお店なので、誤解を産んでしまうんですね。でもアルザスだからってフェルベールさんのお店だけじゃないし、あまり安易には結びつけて欲しくないなぁって思ったのでした。そんなわけで、そんな人にはどうしてジャムになって、どうしてアルザスなのか、本を読んで頂ければ、サラリと分かっていただけるのになぁ・・・。と最後は売り込みになっちゃいましたが、なんかね、そういうんじゃなくて、誤解されることってあるんだなぁって思ったんです。自分で言わないと、真相もわからなくなっちゃうしね。そんなときに、ブログがあってよかったなぁ、本があってよかったなぁって思ったわけです。

本を読んで頂いた方からも、いろいろと感想を伺ったりしていますが、弥太郎さんが本を作るときにおっしゃっていたことは、「このシリーズが出るタイミングに、みんなそれぞれまた大きく進む方向を変えるときになる人が多いんだよ」というようなことでした。私もそんなタイミングに差し掛かったのかもしれません。

romi-livre5

サイン会の詳細が発表になりました。小さな小さなジャムを御用意する予定です。

 8月6日(土) 16:30分~

場所 ブックファースト渋谷店B1Fにて先着100名様
参加方法 渋谷店にて書籍をお買い上げのお客様に、整理券をお渡しいたします。(配布中)
※ サイン会当日先着100名様にプチジャムを配布いたします。
お問い合わせ:03-3770-1023(渋谷店)

トラックバック(10)

2005年7月18日 (月)

月夜の野外ライブ

050718092442.jpg

昨日は銀座で仕事の後、編集者のお友達と一緒に池上本門寺であったSlow Music Slow Liveというフェスに行く。行った時間がちょっと遅かったので2アーティスト位しか見られなかったけど、月夜での野外ライブはやっぱり心地よかったのでした。夏気分も盛り上がる!

リトル・クリーチャーズが15周年なんだそうです。なんだか年月を感じるなぁ。昨日のライブも大人な感じでした。

トラックバック(0)

2005年7月16日 (土)

夏は紀ノ国屋のソフトクリーム

どうも夏風邪をひいたらしいです。ノドが痛い。今日は1日お店。お昼ごはん、さっぱりしたいので、竹扇に行く。この季節になると出す紫蘇切り細うどんがおいしい。紫蘇がいっぱい入ったそば位の太さのうどんの上に、さらにしそと細ーく切ったの大根がのっている。つゆにはおろししょうがとレモン汁を加えて頂くのです。で、そばじゃないけど、最後に蕎麦湯も出てくるのがうれしかった。

でもやっぱりそばだけだとなんだかあっけないので、デザートには紀ノ国屋のソフトクリームを。

夏の日差しで食べるソフトクリームは、なんだかおバカンスな味がした。

トラックバック(2)

2005年7月15日 (金)

コンフィチュール

お店をオープンしてからというもの。少しずつ取材されるようになって、それがどんどん加速がついて、今では数えるのもあきらめてしまって、だいたい200誌くらい?の雑誌に紹介されるようになった。ありがたいことこの上ない。でも、やっぱりその逆で植えつけられたイメージというのもコワイ。ある意味、すでに「コンフィチュール」という言葉がちょいダサになってしまう空気があり。私としては、抗えない時代の空気に、反抗心もチラリと出てきてしまう。いかんいかん。「コンフィチュールとジャムってどう違うんですか?」「あえてコンフィチュールと呼ぶのはなぜ?」とか、「どうして鎌倉だったんですか?」とか「どうしてコンフィチュールがブームなんですか?」とか。うーん。サラリとも応えられる。ときもある。でも、いっぱいいっぱい今までの流れがあって、なんでかわからないけど、いろんな運や出会いや縁でこうして形になったのだ。一言でなんて片付けられない。せっかくそんなところを説明できる本ができたので、読んでもらうのが一番いいかも。

romi-livre5

ところで、世の中でコンフィチュールってほんとにブームなんでしょうか・・・。

* 日日是好日☆はっぴぃダイアリー ( 葉山日記 )さま

トラックバック私信ありがとうございます。2-3日中に行かないと、宅配便で送ってもらえないのですー。もう、警察のほうに届けられているそうで。アイデア帳などが入っていたり、フランスの本が入っていたりするので、今月中にはとりに行く予定にしています。仕方ない・・・。

あ、いがらし先生は禁止。笑  そんな、先生なんて・・・。偉そうじゃないですか!

トラックバック(1)

2005年7月15日 (金)

夏が来た!

050715165723.jpg 鎌倉の自宅からお店までの間で見つけたへびいちご?蝉も鳴いてたし。日差しもサンサン。麦藁帽子かぶっちゃったよ。夏だーーー!

昨日は夕方から終電の時間まで、イージートラベラーの企画で、いろんな料理研究家の方とワイン試飲会。いろいろ食べて飲んで、楽しかった。料理研究家の先生のお話もいろいろ聞けてよかったなぁ・・・。でももっとききたい。8時間続いた会の後、品川から横須賀線の終電に乗る。その間、今後の仕事の方向性とか、いろいろ考えてノートに綴っていった。最近こんなことばかり考えているんだ。

トラックバック(0)

2005年7月14日 (木)

六本木 青山ブックセンター

050715115519.jpg

仕事で六本木に行く。

いつも駅から直接六本木ヒルズに行くのが多いのだけど、今日は交差点方面だったので、青山ブックセンターに寄ってみる。久しぶり。

短大の頃、六本木のアルバイトの帰りに、ココで料理本を立ち読みして、気に入った本をお給料日になるとガーーーーッと買うという日々でした。ABCにいれば、1時間でも2時間でもすぐに時間が経ってしまう。私がここで立ち読みをしていた時は、「こんな本を作る人になりたいなぁ・・・」って思ってた。ってことをココに来て思い出した!お店に陳列されている私の本を眺めて、ちょっとうれしくなったのでした。

そんなことを考えると、本を作ることについて、いろいろと考えるところがあり、悩みは尽きないものです。

トラックバック(1)

2005年7月13日 (水)

忘れ物で痛い目に会うの巻。

昨日はNHKテキストの撮影。緊張したり、湿気にやられたりしているうちにどっと疲れが。夏バテモードです。

数日前の忘れ物。JRの鎌倉駅構内の駅員さんに聞いたら、問い合わせが遅かったらしく熊谷までとりに行かなくちゃいけないらしいことが判明。

がーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん。熊谷ってどこですか?

そんな1日を送りつつ、後半は明日のレシピを打ったり、明日の撮影の買い物や仕込み。明日はレタスクラブの撮影です。最近はスタイリストの方がつくのが本当にうれしい。いろいろカワイイものをスタイリストの方から教えてもらえるのはシアワセなこと。昨日は気になったクロスがあったな。

そんなわけで、明日も撮影がむばります。スタイリストは池水さん。アネゴな感じで頼りまくりなのです。ひさしぶりに会えるのがうれしいな。さ。準備です。

トラックバック(2)

2005年7月10日 (日)

8月、9月はパリ!

PICT0017

今度銀座に大人の女性のためのお洋服のサロンがオープンするそうで、そこに併設されるカフェのメニューの相談にのることになり、打合せ。

あれやこれやと悩んで考えていますが、気の利いたメニューを提案できるといいなぁと思っています。その後は明日、NHKのテキストの撮影があるので、そのお買い物。夜は仕込みです。

さて。7月の中旬に入ったのですが、8月19日から、再び私はフランスに行くのです!今度は長期でパリやアルザスを巡ったり、お菓子の講座に行ったり、社長にパリを案内したり、前々から決めてはいたのですが、ここに入って8月9月までに・・・って仕事がいっぱいいっぱい入ってくる。どれもこれも取りこぼしたくないけど、本の撮影が入っているので、そういうわけにもいかず。うーん。悩みます。今日はスケジュール帳を眺めながら、そんなことを考えました。趣味の(笑)10年計画もついでにやってみましたが、やっぱり私はムリせずいこうと決めました。来年からの仕事のスタンスもちょっと考えてみたりして・・・。

マイペースってむずかしい。

トラックバック(1)

2005年7月 9日 (土)

ネスレアイスコーヒー

romiunie_nestleネスレアイスコーヒーのドリンクアレンジレシピを担当しました。

スーパーなどで売ってるみたいですよ。小冊子みたいなのもありますので、見かけたら、どうぞお手にとってみて下さい。

いやー。アイスコーヒーがおいしい季節になりましたね。

トラックバック(0)

2005年7月 9日 (土)

出会い

PICT0007 7月も気が付けばもう9日。Romi-Unie Confitureの新年会をしてから、気が付いたらもう半年。今年は早いなぁ・・・。写真は今年の1月の写真。すごく昔のことみたい。

このチームに、今は2人加わった。そしてオープン時からがんばってた子が、8月に一人卒業することになった。寂しいけど、まぁ彼女にとってはシアワセなことなので、おめでとうと送り出しです。それにしてもすごい!この半年でこんなに変化があるなんて!人生って不思議!おもしろい!

そんなわけで、昨日と今日はチームromi-unieの一人一人の面接をしました。チームの体制を整えるために、いろんなお話をみんなとして・・・。それぞれに夢があり、迷いがあり、経験があって、で、今がある。思い通りになんて、そんなにはうまく進まないけれど、みんなのそれぞれの夢に少しずつ近付いていくといいなぁと思うのです。人生の目的って何?と思いながら34年生きてるわけですが、せっかくだから楽しいことがいっぱいあって、いろんな人に出会って、好きなものを見つけてドキドキしたり、興奮したり、盛り上がったり、ワクワクしたり、そしておいしいものをたーんと食べていい気分になったりっていうことが、できるだけたくさんあるといいなぁ。エキサイティングで楽しい毎日がいいな。

そんなわけで、別れと共に、新しい出会いが待っている筈で。Romi-Unie Confitureのスタッフ募集中です。どんな人に出会えるか楽しみ!

トラックバック(0)

2005年7月 8日 (金)

粉の日

PICT0016 今日は、お店のアトリエが粉の日。パンケーキミックスとか、スコーンの仕込みなどをする日です。パンケーキミックスは2種類。バニラシュガーを入れてふんわり仕上がるプレーンタイプのものと、そば粉が入って薄めに焼く、素朴な味わいのそば粉パンケーキがある。食感もちょっと違う感じなので、お好みでRomi-Unie Confitureのジャムと一緒にお試しあれ。

スコーンは、土日限定の販売。イギリスで普通に売ってたスコーンがお手本です。周りはさっくりしていて中はふんわりしっとり。よく練るのがコツなんです。

トラックバック(7)

2005年7月 8日 (金)

菓子研究家の仕事

昨日は、Zakka Catalogの撮影8品の後、イージーの企画の座談会(?)へ。

かなりハードな一日だった!

で、今日は朝、「明治の館」という怪しい名前のついたヨーグルトに桃のジャム入れて食べて来た。今日は1日お店。

お店に着いたら、7月20日発売予定の「お菓子の日々、ジャム屋の仕事」が届いていた。中にはいろいろお世話になった人のことが書いてあるので、みんなに送らなくちゃ。ジャムも一緒に送ろうかなぁ。

romi-livre5 な!なんと!サイン会も企画されています!そんなぁ、サイン会なんて、あんまり人も集まりそうにないよなー。寂しいかもしれないからプレゼント用意しようかな。そしたら集まるかな。

そうだ、Biscuitierに応援を頼もう!

トラックバック(0)

2005年7月 6日 (水)

打ち合わせ

今日はビスキュイティエの仕事で高円寺へ。久しぶりに中野の駅に降りてみた。地元駅。昔マルイのボウリング場によくきたな。マルイって中野が本店なこと、知ってた?050706184741.jpg

トラックバック(1)

2005年7月 5日 (火)

Biscitier

050705193137.jpg

お店のスタッフの嶋崎ナナちゃんと、新しいユニットを作りました。その名は『Biscuitierビスキュイティエ』。「おいしいお茶とお菓子の時間を作る」というのをテーマに活動します。今はいろんなお茶や焼き菓子の研究をしているところ。

これからいろんなイベントもやっていきたいなぁ。ビスキュイティエの活動も楽しいのです。今はRomi-Unie Confitureのお店で、ときどき焼き菓子の販売を開始してます。少しずつ楽しく展開していくつもり。

トラックバック(3)

2005年7月 3日 (日)

ハーコットと南高梅とリュバーブ

今日はお店にハーコットという杏が長野から届いて、20kgをジャムにする。たくさんできた!ムースみたいな泡があがってくるので、これはアクか泡か問題に直面。一瞬休んで残っていたのをアクと判断。(そうじゃないと全部がアクに!)おいしいジャムができました!PICT0005

そんで明日作るジャムのリュバーブが北海道から。そして南高梅が和歌山から。この素材は明日のため。明日はリンカランのプレゼントでご招待された4人の方のためのスペシャルジャム教室。みんな喜んでくれるかな。

トラックバック(2)

2005年7月 3日 (日)

ひさしぶりの休日

久しぶりの休日は、午後から渋谷でお買い物。

世の中バーゲンなんだ!街は盛り上がってました。マーガレット・ハウエルとかEbony Ivoryとかでお買い物して早めの夕食を・・・と思って中目黒に行ったら、なんと!行こうと思っていた焼肉屋さんが早い時間なのに1時間30分待ち。断念。

いったん代官山まであがって、豪華バブリーなXEXのサルヴァトーレ・クオモに行きました。ナポリ風のピッツァが食べたかったのだ!

PICT0037このピッツァ、ハーフアンドハーフみたいになってるけど、こういう種類のピッツァでナポリにある道を隔ててお金持ちと貧乏人が分かれている道を表現しているって言ってた。面白い!上質のアンチョビとオレガノの香りのトマトソースのほうもおいしかったけど 生ハムとたまごの組み合わせのほうは、初めて食べる味。これが結構おいしかった!!生地ももちもちしていて、焼肉よりこっちのほうが大満足。夕焼けが、だんだん夜になっていく空を眺めてワインを飲みつつ、おいしいピッツァに舌鼓を打つ。休日満喫してます。

さて、早めの夕食には理由があって、「スターウォーズ エピソード3」の先行上映を見に行きたかったのです。終電の時間を考えつつ、川崎の映画館に向かいました。2時間以上ある映画でしたが、展開がテンポよく進んで全然飽きない。痛快でした。面白かった。また1作目も見直さなくちゃと思っていたらテレビでやるらしいじゃないですか!ワーイ!楽しみ。

なんてことで終わった休日。バーゲンにおいしいピッツァに映画。すっごい充実の1日だ。

明日は仕事。おやすみなさい。

トラックバック(0)

2005年7月 1日 (金)

イデミスギノのケーキ!

昨日行ったイデミスギノで買った焼き菓子を試食。おいしい顔のユリちゃん@チームロミユニ。050701184412.jpg

トラックバック(0)