« ひさしぶりの休日 | トップページ | Biscitier »

2005年7月 3日 (日)

ハーコットと南高梅とリュバーブ

今日はお店にハーコットという杏が長野から届いて、20kgをジャムにする。たくさんできた!ムースみたいな泡があがってくるので、これはアクか泡か問題に直面。一瞬休んで残っていたのをアクと判断。(そうじゃないと全部がアクに!)おいしいジャムができました!PICT0005

そんで明日作るジャムのリュバーブが北海道から。そして南高梅が和歌山から。この素材は明日のため。明日はリンカランのプレゼントでご招待された4人の方のためのスペシャルジャム教室。みんな喜んでくれるかな。

固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98749/4812665

この記事へのトラックバック一覧です: ハーコットと南高梅とリュバーブ:

» あんず トラックバック すてきなおかし作り
英名:アプリコット 仏名:アプリコ 主産地は長野県で、生食のほかジャムやシロップ煮、砂糖漬、あんず種等の加工に向いています。 信州大実 杏といえば、ジャムや缶詰のシロップ煮、ドライアプリコットなど 加工品しか食べたことがありませんでした。た...... 続きを読む

受信: 2005/07/14 23:03:50

» [食]鎌倉のRomi-Unie Confitureへ トラックバック Too-Ticky おでぶさん時々おしゃまさん
 仕事で近くまで行ったので、憧れのジャム屋さんに行ってきた。  鎌倉らしい、オシャレで落ち着いた通りを進んで、一軒家ふうのドアを開けると、そこに写真のまんまのいがらしろみさんが! おおおっ。平静を装いつつも、なんかうれしい。  が、店内では雑誌の撮影らしきことが行われていて、連れと忍び笑い。くふふ。  おいしそうなろみさんと種類がいーっぱいあるコンフィチュールと仕事風景と、ドキドキキョロキョロと目移りしながら、ジャムを選ぶ。 ハーコットと南高梅とリュバーブ http://romi-unie.co... 続きを読む

受信: 2005/07/15 12:38:29