« ロンドンでピクニック | トップページ | Tadaima »

2006年5月31日 (水)

Enjoy!

ロンドン最終日。あっという間の滞在でした。今まで、ロンドンの等身大なティータイムを体験していましたが、今日はちょっと背伸びをしてゴージャスな時間を過ごすことにしました。

Pict0018スタートはKnigtsbridgeにあるHarvey Nicols。5階にあるFood Hallのオリジナル食品が楽しかったりするのです。でもちょっと10年前と変わらぬデザインでは、何か物足りないなぁ・・・。といいつつ、本を買ったりセレクトされたおいしいお菓子を買ったりして、カフェで軽いお昼にしました。ちょっと食べたいくらいなのでEgg BenedictinのほうれんそうバージョンFiorentineをチョイスしました。 おいしい。イングリッシュ・マフィンっておいしいなぁ。全体的に食事に塩味が足りないので、塩ものがおいしく感じる今日このごろ。

Pict0025 さて、次に近くのハロッズにも行ってみました。なんか、すごい大きい!Food Hallをグルリと物色して、ちょっと気になっていたKrispy Kremeというドーナツ屋さんへ。ハロッズの一角に、ドーンと自動ドーナツ製造ラインが出来上がっている!なんだかスゴイ光景。アメリカンな感じがロンドンでおとなしくなってるようなお店。結構アメリカン50'sの感じが大好きなので、この店は好きだ!ドーナツとコーヒーでちょっと一休み。ドーナツ、フワッとしてしっとりして、かなりおいしいです。全然イギリスぽくないけど。

Pict0027 で、イギリスっぽくないついでに新しくできたLadureeに行ってみました。ラデュレの色合いは、フランスにいたらあまり気がつかなかったけど、ハロッズとかフォートナム・メイソンとかと同じようなインペリアル・グリーンと金の組み合わせなんだなー。そういえば、ラデュレのスペシャリテのサンドイッチも、フランスのスタイルとは違う感じ・・・。もしかしてイギリスっぽい感じを昔は狙ってたのかな?となると、逆輸入。Welcome backだ。などと一人で納得。買うつもりはなかったのだけど、今まで食べたことないいちごのルリジューズを発見してしまった。マカロンもGingerの新作?イギリス限定?なんてあるから、ついついお買い上げ。ここから近所のハイドパークに行って食べることにする。

Pict0033Pict0036  ちょうどバラ園の中のベンチに腰掛けて、さっそく試食。バラがいい匂いでうっとり。イギリスはいいところだ。そしていい季節だー!

いちごのクレーム・パティシエールがたっぷりたっぷり詰まったルリジューズ、とてもマイルドでおいしかった。やっぱりラデュレ!

その後、向かうはBarkeley Hotel。英国調のドアマンが立つ入り口で、かなりデラックスで、ちょっと躊躇しましたが・・・。ここのCaramel RoomというところでやってるPret-a-Portea(ダジャレかい!)というアフタヌーンティーのコースを目指すのです!

Pict0046Pict0048_1 念願のPret-a-Porteaというのは、イヴ・サン・ローランとかフェラガモとかプレタ・ポルテの2006年春夏コレクションをモデルに仕立てたお菓子たちのセット。アフタヌーンティー・セットといっても、スコーンはなくて、丁寧に作られたカナペ(と説明されましたが、アミューズ・ブッシュみたいな一口サイズのお料理)と一口サイズのお菓子たちです。シャンパンも頂くことにして、満喫満喫。シャンパンが終わったら紅茶です。ひとつひとつ面白くて、その上味もかなりおいしい!ナナちゃんと興奮しながら食べ進めるのでした。

その後、テクテクと歩いてKing's Roadのほうへ・・・。カワイイお洋服屋さんとかがあって楽しい通りです。Rococo Chocolateというチョコレート屋さんが気になっていて、最後に行かなくては!と思ったのです。すごくステキなお店でした。チョコレートもちゃんとおいしい!イギリスのチョコレート屋さんも、かなりのハイクオリティーっぷりです。

Pict0056Pict0132  今日はロンドン最後の夜。Biscuitier嶋崎ナナちゃんと、そして東京から来ているフードデザイナーの黒瀬佐紀子ちゃんと3人で、ごちそうを食べにいきました!お茶をしておいしくて、そしてレストランのほうも気になっていたSketchへ。中に3つレストランがあるので、どこにしようか悩んだのですが(ひとつはランチのみでした)、The Galleryにすることに。通路を通ってレストランに入るとびっくり!なんといったらよいのでしょう!壁にプロジェクターで映像が映し出されていて、とにかくめくるめく世界でした!私の印象としては、キューブリックの映画みたいな感じ・・・ってどの作品?という感じですが、そんな感じなのです。内装がまずステキ。サービスの人とかお客さんとかも、アートの中のひとつとして成り立ってる雰囲気。

料理の選び方も、すごく自由な感じなのですが、とりあえずスターターとメイン、サイドを取ることにしました。スターターには軽めにスープを・・・。冷たいスープでしたが、一口頂いた瞬間に、おいしさに驚き!もう一口で、その深さに感激!完全にエキサイトしてしまいました。で、そのスープは、The Garden Soup。チェリートマトとカリフラワーのスープでオリーブオイルとバルサミコで仕上げてあって、中央に軽く燻製にしたトマトのソルベが盛られているのです。ロンドンでこんなにおいしいものを食べられるとは思っておりませんでした。侮ってたー・・・

Pict0062 メインには、Beefをチョイス。シメンタル種の牛肉のフィレのステーキに、ボルドーソース(となってましたが、ソースは結構オニオンに絡まっていて、イヤこれがいい感じだったのです。ステーキの下にベッド状態になってました)付け合せにグリーンピースのフランス風これまたクラシックな付け合せなのに、なんと、グリーンピースの缶詰の缶に入ったところからサーブされるのです!もう、このハズしの絶妙さに地団駄!おまけに、このフィレのステーキの上に鎮座しているのが小さなショコラのカヌレ。見た目もかわいいし、一緒に食べたときの相性とか、完璧です!サイドに頼んだじゃがいものフォンダンも、かなりおいしかった!と、書いているうちに思い出して興奮しますが。

Pict0067 やっぱり私のメインはデザート。はい。ピエール・ガニェールのスペシャリテのショコラ・タルトをチョイスさせていただきました。もう、筆舌に尽くしがたい満足っぷりです。また来たい!でも、もう明日は出発!あー残念。ナナちゃんのチョイスしてたシューケットとグレープフルーツのコンポートのデザートも最高。もう一品のペッシュ・メルバもひとひねり、ふたひねりしてあって、楽しくて、おいしい。そう!このレストランは超楽しくて、おいしい。ステキな場所なのでした。途中でAu Revoir Simoneの曲が流れて興奮した私達はRallyeのチカコシさんに電話をかけたのですが、日本は朝6時30分。すいません。

とにかくとにかく、本当に満足な夜でした。ロンドンに来て、好きだなぁと思ったのが、食事を持ってきたりするときに言う「Enjoy!」という言葉。はい。ロンドンを十分Enjoyいたしました。短い期間だったけど体験したいろんなことを、また仕事にいかしていきたいと思います。では、いろんな人に感謝しつつ、日本に戻ります!

固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98749/10326029

この記事へのトラックバック一覧です: Enjoy!: