« おいしいお土産。 | トップページ | テレビジョン »

2006年5月19日 (金)

今日はお店でした。

実に、10日ぶりとなったお店への出勤。皆さん、ご無沙汰しておりました。生還しました。

Pict0003 そんなわけで、Romi-Unie Confitureのお仕事。新しいジャムを作ったり、アトリエ番長のあーさんと一緒にアトリエでジャムを作ったり、微調整を加えたり・・・。

その後もスタッフと月例のミーティング。そろそろ夏のジャムの季節ですが、今回は準備不足により、もう少し先延ばし・・・ゴメンなさい、スタッフの皆さん。

そろそろフレッシュ・フルーツが入れ替わり立ち代りやってくる季節。フルーツを届けてもらってるおじさんに、南高梅はいつ頃ですかー?とか電話で確認したり。西表島のパイナップルに、北海道の露地いちご、北海道のルバーブと南高梅。7月になったら、大好きなハーコット!

ジャム屋の仕事で一番面白いのは、こういう季節のフルーツの微妙な違いを深く知ることができることだと思う。レシピで、よく聞かれるが、りんごは何の品種がいいですか?という質問があるけど。一番いいのは、そのときの旬のりんごだ。何よりも香りがいい!紅玉は、結構早い種類で、今頃でまわっているりんごは貯冷してあるものだから、香りが抜けていて実もくずれやすかったりする。冬~夏にあるのは、貯蔵に強いフジがよかったりするけど、りんごの品種は夏の終わり頃から始まって2週間位ごとに変わるのです。そんな複雑なことをライターの人にくどくど言っていると、とても怪訝な顔をされてしまう。だって、そうなんだもの!でも一行で収まらないよね、わかってます。

こんなフルーツの旬にはお菓子屋さんや料理学校にいた時には気がつかなかったこと。日々勉強なのです。そして、夏に向けてフレッシュフルーツをドバドバ処理する数ヶ月は、大変だけどちょっと充実した気分になるRomi-Unie Confitureアトリエです。アトリエスタッフの一番の古株のマキちゃんは、もうすぐやってくる桃の季節にちょっとソワソワしています。桃の湯むきは、ちょっと発狂するほど楽しい作業なのですよ。私も、桃の湯むきを愛しています!

固定リンク

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今日はお店でした。:

» ロミ・ユニ コンフィチュール行ってきたよ! トラックバック 女子力アップブログ!
鎌倉ネタが続きます!でもまだまだいっぱい話したい事があるんですよ~ 月曜に行っ 続きを読む

受信: 2006/05/27 0:55:42