« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

今後の活動とUni-Labo.ジャム教室のお知らせ

もう今年も半分ですね。イベントが続いた6月が終わり、私のスケジュールも少し落ち着いてきました。ようやくそろそろ教室ができそうなので、お知らせしたいと思います。

で、夏はどんなお菓子がいいかなぁと考えたのですが、夏はたくさんおいしいフルーツが出回る時期なので、ジャム教室にすることにしました。7、8、9月はジャム教室にします!秋になる10月からは、月ごとにお菓子をお教えするお菓子教室になります。もちろん初心者でも大丈夫な教室です。お得意の一品になるお菓子を教えられるような、そんな教室にしていきたいと思います。

そして、秋以降からの私の活動は、Romi-Unie ConfitureとBiscuitier、Uni-Labo.でのお菓子教室とお菓子の研究の日々となります。雑誌などのお仕事はなかなかできなくなりそうですが、ちょっとしばらく離れてしまったお菓子の世界。またまた深ーくはまってみたいと思っている今日この頃です。皆さん、どうぞよろしくお願いします。

12 【夏のジャム教室】

夏の香りいっぱいのフルーツを使って、ジャムを作ります。フルーツ同士を組み合わせたり、スパイスを使ったりして、一味違うジャムを作りましょう!フルーツの扱い方から、ジャムの煮かた、ビン詰めの仕方まで、ジャム作りの楽しさをお伝えしたいと思います。1度のレッスンで4種類のジャム作りをします。銅鍋で炊いたジャムは熱いうちにビン詰めして、持ち帰り用に密閉します。

◎3回シリーズ(1月1回) 講師;いがらし ろみ

◎場所;Uni-Labo.(東急東横線 中目黒駅 徒歩13分)

◎定員;各回4名 募集人数12名

◎受講料;3回分 22,500円

◎時間;14時~17時 3時間

◎内容;

7月 桃のジャム(桃+白ワイン+ミント  桃+薔薇  桃+すもも) プラスお楽しみジャム!

8月 パイナップルのジャム(パイナップル+マンゴー+パッションフルーツ パイナップル+ピンクペッパー+黒こしょう パイナップル+キウイ+レモン) プラスお楽しみジャム!

9月 りんごのジャム(りんご+キャラメル+バター+バニラ りんごのジュレ りんご+紅茶)プラスお楽しみジャム!

◎コース日程;

火曜日コース 7/11,  8/22,  9/19

水曜日コース 7/12,  8/23,  9/20

木曜日コース 7/13,  8/24,  9/21

◎受講条件;コースの全日程に参加できる方(別クラスへの変更や、一部受講はできかねます)

◎申込方法; 満席になりました!ありがとうございました

※お申込み頂いた方には、1~3日以内に返信のメールをお送りします。

※10月からのUni-Labo.お菓子教室の詳細に関しては、このromi-unie blogで8月中旬以降に発表の予定です。しばらくお待ちください。

トラックバック(0)

2006年6月27日 (火)

ただいま

大阪で2日間の量り売りのイベントから帰ってきました。

1日目が日曜日ということもあって、かなりお客さんの人数が読めず、今回はジャムの種類がすぐになくなっちゃうなんてこともありましたが、いろんな方とお話しできて楽しかったです。来てくださった方、どうもありがとう!

30日までイベントは続いています。ジャムはまだ販売していますので、どうぞお近くの方は寄ってみてくださいね。

気がついたら、もう6月も終わりですね。半年過ぎてしまいます。7月までは忙しいのですが、8月になったらゆっくりモードを取り戻そうと計画しています。

ゆっくりと音楽とか聴きながら、お菓子のことをもっともっと深く考える生活を過ごしたいと思います。とりあえず、目の前の仕事をがんばるのです。

トラックバック(3)

2006年6月25日 (日)

ジャムーーー!

今日は大阪ビブリオテークで量り売りのイベント。

準備万端整えて、スタートの11時を迎えました。

しかーし!予想を超えるお客様の数にジャムがなくなるーーー!

Pict0094 急遽2種類のジャムを作りました。キウイとバナナのジャムと、桃とすもも。明日の分もちょっとあるので、月曜日にいらっしゃる方は是非!

今日はお誕生日で、デザートを食べに立ち寄ったBarで、ビブリオテークのマユミちゃんにサプライズしてもらっちゃいました。ありがと!

トラックバック(1)

2006年6月25日 (日)

ビブリオテーク!

大阪に無事到着。

昨晩着いたので、さっそく大阪テイスト満点のなんばへ。

Pict0089_1 お好み焼き食べました!

やっぱり大阪のお好み焼きはおいしいなぁ。

さて、これからイベント行ってまいります。たくさんの人に来ていただきたいなぁ。

トラックバック(0)

2006年6月24日 (土)

大阪へ。

24日の今日は、誕生日イブ。誕生日がクリスマスの半年前の25日なので、いつも24日はイブという感じ。そして今日はこれからお店に寄って、それから大阪です。

Pict0028 昨日は、池袋でのサッカーのフードイベントで、念願のカップケーキ祭りをやりました。(写真はロンドンのカップケーキ屋さんです)

あー楽しかった!イベントが朝の7時に終了して中目黒に帰ってひと眠りした後、お店の仕事でお出かけしていました。その後スタッフとミーティングで100%Chocolate Cafeへ。いろんな新しいメニューがあって迷いましたが、フローズンチョコレートを使ったショコラフィーユというものを頂きました。うまい!あらためて、100%Chocolate Cafeの魅力に夢中です。フローズンチョコレートがすごくなめらかでおいしいです。なめらかなガナッシュをそのまま冷凍したみたいな感じ。是非これは全国スーパーで発売希望です!作れるのかなぁ・・・。

さて、そのミーティングでいろいろと形が見えてまいりましたが、なんだかステキなことができそうです。Romi-Unie Confitureの新しいこと。是非楽しみにしてください!

そんなわけで、明日から2日間、Romi-Unie Confitureのスタッフ、マキちゃんと大阪でJam Paradeです。イベント続きの旅芸人気分。がんばります!

トラックバック(0)

2006年6月22日 (木)

果物でつくるコンフィチュール

14187655 『果物でつくるコンフィチュール』が発売になりました!

今頃は、きっと本屋さんに並んでいると思います。NHK出版から出ているのですが、「きょうの料理」のテキストでも、今月は毎年ちょうど梅干やジャムが特集される季節。ジャムが作りたくなる季節なのかもしれませんね。

以前の「ジャムのお菓子」が発売されてから、約2年。その間にたくさんのジャムを作りました。作っている間に、こんな作り方をしたほうがいいかもとか、こんなジャムがおいしいかも・・・という試行錯誤が加わって、わかりやすくてシンプルなジャムの作り方に落ち着きました。前のジャムの本と違うけど・・・?というところも当然あります。

Romi-Unie Confitureで人気のジャムの作り方も、そのまま載せています。先日のFeveでのイベントの際に「こんなにいいんですか・・・?」と聞かれたりしましたが、(約80種類のレシピが掲載されていますので聞きたくなる気持ちもちょっとわかります。笑)Romi-Unie Confitureのディレクターである前に、私はやはり菓子研究家として、お菓子作りの楽しさを広める仕事をしていたいと思うのです。そのために、いろんな活動をしている中でのひとつのスタイルとしてのお店です。だから、これでジャム作りにはまる人が世の中にたくさんたくさん増えてくれたら、心の底からうれしいのです。

もちろん、一般的に作りやすいようにお店とは違うやり方を載せるときもありますが、ときどき、「本当のお店のレシピは載せられない」というシェフの本が出版されているという話も聞きます。なんかそんなのは本来の「レシピ本」の意味と矛盾しているような気がします。ただのお店のPRに作っているような本は、自分が買ってしまったらがっかりです。

最初にお菓子を作るようになったのも、母に買ってもらったお料理の本がきっかけでした。それからたくさんたくさん本を読み、そこから多くのことを学ばせていただきました。本はすばらしい!のです。

それにレシピだけでは、お店の魅力になるとも思っていません。ただ食べて「おいしい」とか、そういうことだけじゃない、ジャムの魅力、ジャム屋さんの魅力を直接的に感じてもらえる場所がお店なんだと思っています。いろいろな人から、お店のことをビジネス的に分析されちゃったりするんですが、結構熱い思いがはいってんですよ。語ったら長いです。笑

そんなわけで、Romi-Unie Confitureでジャムがおいしいなぁと思ってもらった方は、今度は是非自分でジャム作りに挑戦してみてもらいたいと思います。できたら、やっぱり砂糖はへらさずに、そのままのレシピで作ってみてほしいです。で、強火で一気に炊いてアツアツのうちにビンに移してすぐに密閉。これがコツです。

あ、あと味見をするときにはパンにつけたり、ヨーグルトに入れたりするときにこの味でいいか?というのを考えながら、味見するようにしてください。ジャムはそのまま食べるものではないので、多少甘みがないと、パンなどと合わせたときに、フルーツの味も弱いものになりがちです。(塩味のきいてない料理も素材の味が生かしきれませんが、そんな感じ)

フルーツもレシピでは300gという分量が基準になっていますが、家庭のお鍋の大きさを考慮したときに、300g~500gが作りやすくてよいものができる分量の気がします。出来上がりのジャムもそんなに多くならないので、毎朝パンやヨーグルトに使う家庭だったら1週間か2週間で食べきれる量で丁度よさそうです。

・・・と、本当に語りが入ってしまいましたが、そんな気持ちを込めまくった一冊です。

トラックバック(4)

2006年6月17日 (土)

イベントイベント♪

Pict0004_1

本当にギャラリーFeveはステキでした。毎日毎日行っても飽きない。お天気じゃない日でも、光がいっぱい入るとてもキレイな空間でジャムの匂いをさせながらの日々はシアワセでした。今日でイベントも終わり。たくさんの方に来て頂いて、本当にうれしかったです。どうもありがとうございました。仕事の都合で今日は会場にいられませんが、どうぞジャムを食べてください。

私の誕生月でもある今月は、なんだかイベントが目白押しなのです!ゴーゴー!と勢いをつけないといけない感じ。

20日からは、大阪でJam Paradeです!ようやく大阪に行きます!ビブリオテークでのイベントは何度もやっているのですが、お店ができてからは初めてなので、なんだか気分的には古巣に帰る感じがします。笑

25日(日)、26日(月)には量り売りをしに行きます!またいろんな方と触れ合えるのを楽しみにしています。どうぞよろしくお願いします。そういえば、25日が誕生日なのですが、前も誕生日はビブリオテークでイベントだったような気がします。不思議な気分。

あ、その前にEWKLのイベントでした。Biscuitierとダブルで参加します。今回のお菓子はワールドカップケーキ♪先日、イギリスではまったカップケーキとミルクティーを嶋崎ナナちゃんと提供します!真夜中ですが、日本VSブラジル戦です!楽しみたいと思います。

それとそれと、7月1日は、今回もステキだったEasy Travelerのアイリッシュ・フード・イベントに参加します!あー、アイルランドも行ってみたい。

7月になったら、そろそろお菓子教室の詳細を決めなくちゃ。(まだ決まってなかった・・・)まずは、Uni-Labo.では、Biscuitier嶋崎ナナちゃんの教室がスタートしますよ!

トラックバック(1)

2006年6月12日 (月)

雨の中、ありがとうございます。

「ジャムの小さな愉しみ」展が始まりました。昨日は、雨の中にもかかわらず、たくさんの方にギャラリーFeveに足を運んでいただきました。どうもありがとう。

2日目は、1日目よりもちょっと慣れてきました。

イベントには、いろんな人が来てくれてお話しできるのが、楽しいこと。もちろん鎌倉のお店にもいろんな人が来てくれるのですが、私がいない日だったり、うっかりウラでお仕事していたりして会えなかったりもするので、そんなときは、とても残念なのです。でもイベントだと短い期間の中なので、いろんな人との出会いがギューと詰まっています。

”料理”研究家じゃなくて”菓子”研究家という職業の人ってあんまりいないと思うのですが、1日目は福田里香さん、2日目の昨日は山本ゆりこさんが遊びに来てくれました。山本さんとは、かなりのニアミスっぷりで、間接的にいろんな方から「知り合い?」と聞かれていたのですが、実は昨日が初めてお会いする日なのでした。なので、「ついに!」な気分の出会いです。山本さんの御本を読んでいると、好きなものがきっと似ているんだなぁと思っていたのですが、新刊「メルシーフランス」は、その感じがすごくする一冊でした。かわいい本です。この出会いをきっかけに、仲良くなりたいなぁ・・・と思います。

昨日は、山本さんと一緒に明治製菓の方もいらしていたのですが、一人の方が明治製菓のチョコレート研究員という方でした。チョコレートは明治♪のチョコレート研究員ですよ!もうかなりその職業の言葉にやられまくって数秒の間に私の頭の中ではいろんな妄想がかけめぐりました。そして「憧れです!」を連発しておりました。恥ずかしい・・・。

さて。イベントでは、ジャムを煮たりしています。煮たジャムは試食してもらっているのですが、「このジャムは買えますか?」と聞かれてしまいます。が、買えないんです。

そうです!このコーナーの趣旨は「作る愉しみ」と「食べる愉しみ」。ほんとに簡単にできるので、菓子研究家いがらしろみとしては、作ってみたい!と思ってほしい。ジャムを作るのも、出来上がったジャムをびんにつめたり、それを配ったりするのも楽しいのです。ほんとにほんとに。本やお店ではなかなか伝えられない、そんな部分をこのイベントではお伝えするのです。

さぁ、今日も作る愉しみ伝道師、がんばってまいります!

昨日のお昼の食べる愉しみ Feveの引田さんがご用意下さったおいしいお弁当。Pict0001

トラックバック(2)

2006年6月10日 (土)

いよいよ。

今、いよいよ。といえば、ワールドカップらしいのですが。私的にはもちろんギャラリーFeveのイベントです。

納品を済ませてきました。

久しぶりにJam Parade以外のジャムのイベントだったので、すごくドキドキしていたのですが、今日いろんなスペースにいろんなもの設置して、よさそうな感じになったので一安心。

ジャムがずらっと並んでワクワクしました。って自分ちのジャムなのに、なんかおかしいんだけど。きっとこのワクワクはFeveのスペースにウチのジャムがー!という感激だと思います。なんたってダンディゾンのパンと一緒の企画もあるんですから!

で、写真がその企画もののジャム×パンバッグ。ジャムに合うように作ってくれたちいさくてかわいいパンが入ります。Romi-Unie Confitureのジャムもわりと濃いので、味わいはしっかりめです。ジャムも選べます。これも、パンの数があるのでその日の個数が限られています。狙っていらっしゃる方は、早めに来て頂いたほうがいいかもしれません。(お電話でのお取り置きとかはしていません) 

ブランチも抽選でしたが、ダンディゾンのパンもRomi-Unie Confitureのジャムもたっぷり味わって頂けるぜいたくなものになりました。当たった方は楽しみにしていてください。紅茶はこないだイギリスでマークスアンドスペンサーで買ってきた紅茶。コーヒーはサザコーヒーのゴルダというものです。

そうそう。新しい本も無事に到着。先行発売いたします!

会期中は、最終日の17日(土)以外いる予定なので、是非いろいろお話ししたいと思います。私がなかなか話しかけるタイミングがないかもしれないので、是非話しかけてくださいね。

トラックバック(0)

2006年6月 7日 (水)

Dans Dix ansのパン

今週土曜日から行われるイベントの会場ギャラリーFeveは、Dans Dix ans(ダンディゾン)というパン屋さんの上にあります。

ダンディゾンのパンをプロデュースしているのは前にカムシャングリッペというレストランのオーナー・シェフだった淺野さん。前にレストランのデザートで頂いたさねんの葉で香りをつけたたんかんのソルベがおいしかったのが印象に残っています。なんか、ただ普通においしいという感じじゃなくて、うーん。どういったらいいんだろう。素材の遊び方がステキだった。お料理とかも独特で、すごくアイデアのある人なんだろうなぁと思っています。ダンディゾンのパンもすごくユニークで、味や食感はもちろんのこと、お店の雰囲気、パンの形というかたたずまいとか、なんかどれもこれも自由でセンスがピリリとしている。うん。ピリリという感じ。

そんなダンディゾンのパンを、イベント用にスペシャルで作ってもらいました。私にとって、この上ないシアワセです。ジャム屋やっててよかった。笑

Romi-Unie Confitureのジャムと合わせて、fogでこれまたオリジナルで作ってもらったジャムパンバッグに包みます。でもいつものパン屋さんのお仕事の中に組み込んでもらうので、あんまりたくさんはできないみたい。各日で限定数だけ販売の予定です。

ブランチのご予約もたくさんの方に頂いたようで、ありがとうございました!ギャラリーFeveの引田さんが、こよりをつくって抽選してくれたそうです。笑 当日は、今ロンドンにいるBiscuitierの嶋崎ナナちゃんが帰国してコーヒーと紅茶を入れてくれる予定です。抽選に当たった方はお楽しみに。

トラックバック(0)

2006年6月 2日 (金)

ジャムの小さな愉しみ展

Gallery_feve 『ジャムの小さな愉しみ』展

吉祥寺のギャラリーFeveで、6月10日~17日に開催です(14日水曜日はお休み)

Romi-Unie Confitureというジャム屋さんを始めたのは、ちいさな偶然の積み重ねでした。

最初の一歩は、「ジャムを手作りすることを広めたい」と思ったこと。ジャムを作ることを広めようと思ったのは、お菓子作りのいろんな愉しさいっぱいそこに詰まっていたからです。そんな小さな愉しみを、ステキなギャラリーの空間でお伝えしたいと思っています。

展覧会といっても、作品を展示するような感じではなくて、心地のよい空気の流れるギャラリーFeveで、ジャムの愉しさを感じてもらいたいと思っています。ジャムを煮たりしてその香りを愉しんだり、試食したり、そんな時間を過ごしてもらいたいと思っています。

このイベントでは、Romi-Unie Confitureのジャムの販売もあります。そして、ギャラリーFeveの地下にあるダンディゾンのイベント特製のパンとRomi-Unie ConfitureのジャムをセットにしたJam×Pain Bagも作ってみました。バッグ(というかポーチ?)はFogにお願いしました。

それとそれと、発売予定のNHK出版「果物でつくるコンフィチュール」の先行販売もあります!

4年前に開催していた前のCHAJINさんの海辺のアトリエを借りてやっていたブランチのイベントも、再び開催するつもり。こちらはすごく人数に限りがあるので予約制です!3日までのご応募で、抽選とさせて頂いています。

詳細は、ギャラリーFeveのHPへ。

盛りだくさんです。6月17日の最終日以外は、ずっとギャラリーにいる予定にしています。皆さん、どうぞお越しください!

トラックバック(1)

2006年6月 2日 (金)

Tadaima

ただいま。

東京に帰ってきました。London Enjoy Tour楽しかったです。

お土産がすごいことになってて、自分で笑えます。スーツケースの半分が紅茶でした。

飛行機は昨日の9時頃成田に着いて、中目黒に12時頃には到着したのですが、シャワーを浴びたりして、ふっと息を抜いたら眠気が襲ってきました。16時すぎからゆるゆる眠って夜の9時頃起床。これじゃ時差ボケだー!

お米と濃い味のものが恋しくなって、夜は恵比寿の焼肉「チャンピオン」へ。ロンドンの報告をしつつ、日本のおいしい食事を味わいました。シアワセ。

そういえば、ロンドン滞在中はなかなかアップできなかった写真をアップしてみました。よかったら読み返してみてね!

トラックバック(0)