« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月31日 (火)

あ、明日から奈良だ

気がつけば、もう10月も終わり。

明日から奈良に行くのです!

大好きなくるみの木で、ジャム量り売りますよ!ジャムパレードのミュージックを口ずさみながら、西へ向かうのです!

トラックバック(0)

2006年10月29日 (日)

秋色のお菓子発表会!

昨日、イベント「3人のお菓子研究家による 秋色お菓子発表会」が終了しました!

たくさんの方にご来場頂きまして、本当にありがとうございました。皆さんがうれしそうにお菓子を選んでいる様子や召し上がっている姿を拝見するのは、すごくシアワセなことでした。しばらくこうしたイベントはやっていなかったので、なんかいいなぁ~と思いました。

石橋さんや柳瀬さんは、フードイベントも初めてだったので、いつも本や雑誌を通じてしか発信していなかったお菓子を直接食べてもらうってことが面白かったみたいです。みんなたくさんたくさんお菓子を作ったので、とにかくヘトヘトでしたが、充実感いっぱいでした。私も久しぶりにたくさんたくさんお菓子を作りましたが、もともと苦手だったのですが、大きさをそろえるとか、カタチをそろえるとか、全然できてなくてトホホでした。お菓子屋さんってやっぱり偉大だと思います。でも、イメージしたものに、どれもかなり近い完成具合だったのでそれも喜び!やっぱりお菓子って楽しいなぁ~!

トラックバック(0)

2006年10月28日 (土)

仕込み!仕込み!

ひっさしぶりにいっぱいお菓子を作っている気がします。ふぁ~

明日のお菓子研究発表会のためのお菓子です。

私のお菓子は、

塩味キャラメルクリームをくるみにからめた小さなタルトレット

きび砂糖のプチ・シュー

セミドライのりんごのケイク

アルマニャックとシナモンのショコラ

マロンとかぼちゃのジャム シナモンラスク添え

以上の5点。

さっきタルトを焼きに長野からやってきた石橋かおりさんのぶどうのタルトもおいしそうだったなぁ・・・

明日までに、さぁ、もうひとがんばりです!

トラックバック(0)

2006年10月26日 (木)

きのこのようですが・・・

Pommeキノコじゃないです。りんごを2時間オーブンで半生のドライにしました。それをカルヴァドスに漬けてます。

明日から、ガシガシと お菓子研究発表会に向けたお菓子の製作にとりかかります。半生ドライのりんごは、パウンドケーキの中に入れる予定。

トラックバック(0)

2006年10月23日 (月)

でかい!

今日は、週末のお菓子研究発表会のための最終打ち合わせで表参道のLOTUSに集合。デザートに頼んだモカシュー。でか!夜までおなかがいっぱいです。

で、打ち合わせが終わって、WeledaとかNadiffとかrhubarbeでお買い物をして、近所まで来たからといって、突然みつばちトートの陽子さんの新しい事務所を訪問。いろいろお話をしてココロが満たされた。やらなくちゃいけないこともいっぱいあるのは知ってるけど、誰かとおしゃべりして、こうしてお出かけすることもとても大切なことだと思う。うん。今日はとてもいい日でした。

トラックバック(0)

2006年10月21日 (土)

スタージュ気分

久しぶりに行うコルドンブルーの同窓会。今回は浅野正巳シェフに来て頂いて、「新しいパンの世界とパンに合うフランス料理」のデモンストレーションをおこなって頂きました。

直前のデモの準備のお手伝い。ウズラの卵を割ったり温めるパンの準備をしたりして、なんだか気分はスタジエール。とはいえ、全然ダメダメなので、ヒョエ~とか言いながら、ちょっと楽しんでおりました。本番直前は、さすがにそんな空気ではなくなっていましたが。

おみやげや試食にたっぷりのダンディゾンのパンとデュヌラルテのパンを頂き、浅野シェフの新しいパンの世界のお話を伺って、楽しい会となりました。おみやげに頂いたデュヌラルテのパン・デピスも、いい香りとじんわり&もちもちした食感で気に入りました。

トラックバック(0)

2006年10月20日 (金)

HAAS 「MUSIC FOR BREAKFAST」 release party

「HAAS」(a.k.a高野寛)のデビューミニアルバム「MUSIC FOR BREAKFAST」の発売を記
念して、鎌倉「cafe  vivement  dimanche」にてリリースパーティーを開催します。今回、アルバムのレシピカードを担当した私が、秋の夜にぴったりなメニューをご用意します。

日時|2006年11月12日(日) 19時開場 19時30分開演
会場|cafe vivement dimanche
〒248-0006 神奈川県鎌倉市小町2-1-5 電話 0467-23-9952
ライブ|HAAS(高野寛)
フード|いがらしろみ(軽食程度のもの、1メニューの予定)
料金|3,500円(ライブ+フード) ドリンク別

MUSIC FOR BREAKFAST / HAAS
2006.11.1 RELEASE
333DISCS 333D-31 \1,890(税込)
朝食をテーマに、HAAS(a.k.a. 高野寛)と菓子研究家いがらしろみがコラボレーション。
朝食の時間にぴったりのインスト曲&レシピ集です。スタイリングは岡尾美代子さん。こちらでチラリと聴けますよ。

[予約方法]

チケットは完売いたしました。現在キャンセル待ちで受け付けております。
メール:postmaster@333.ro
333DISCS宛に、
タイトルを 「11/12 HAASライブ予約」、
本文に、1.お名前 2.予約人数 3.メールアドレスを
ご記入の上、送信ください。
50人の限定ライブです。予定数に達した時点で予約終了します。

大変、急なお知らせですが、ステキなイベントになるはず!かなり少人数なので、皆さん、お早めに!

トラックバック(1)

2006年10月19日 (木)

紅茶

こないだ静岡に行ったときに買っておいた静岡産の紅茶「水車むら紅茶」と、バイオダイナミック農法のマカイバリ茶園のダージリン セカンドフラッシュ。どちらもここ最近のヒットの紅茶。

水車むら紅茶は、なんか甘味料が入ってるかと思う位の甘みがあるお茶。濃くしてミルクティーでもおいしかった。渋みはない。

マカイバリのダージリンは、ティーバッグでもおいしい!いい中国茶と、いい緑茶に共通する丸みや旨みが、ダージリンなのに感じる。お茶のおいしさは、どんなものでも共通するというのだろうか。ふーん。

トラックバック(1)

2006年10月17日 (火)

プチ旅行

ここ、どこでしょう?

実は、動物園です。しかも結構都内近郊なんです。場所は横浜ズーラシア動物園。

広くて、緑いっぱい!白熊、かわいかったです。

トラックバック(0)

2006年10月 9日 (月)

福岡から帰ってきました

2日間のイベントを終え、福岡から帰ってきました。

イベントに来てくださった皆様、どうもありがとうございました。スリービーポッターズでは、15日までRomi-Unie Confitureのジャムの販売をしていますので、よかったらまた行ってくださいね。

さて、今回福岡に行ってつくづく思ったのが、夜が長い!みんな夜遅くまで遊んでますねぇー。東京が静かに感じるほどでした。お店に来てくださるお客様もみんなカワイイお洋服とか着てて、すごくお買い物気分が高まってます。なんか、活気があっていいなぁ~と思いました。イベントで伺った薬院のあたりも、おいしいお店やお菓子屋さんができていて、なんだかワクワクしました。

関東では見られなかったはずの中秋の名月も見れたし、一昨日の満月もキレイに見えて、うれしかった!秋って、お月見という気分ですもんね。月といえば、最近シュタイナーの提唱するバイオダイナミック農法というのがすごく気になっていたのですが、定期購読をしていた料理通信がポストに届いており、特集がまさに「自然派で行こう!」だったのです。ワインを中心にさまざまな作り手の話などが書かれていました。ちゃんとまだ読んでないんですが、すごく面白そう。そして何気に毎月読んでいた「月と星から学ぶ食の占星学」というコーナーには、月のリズムと食を合わせた占いがあるのでした。このページ、すごく楽しい!壁に貼って毎日見ようと思うほどです!

そもそも、なんでこのシュタイナーが気になっていたかというと、最近はまりまくっているWeledaとアグロナチュラ、どちらもこのバイオダイナミックで栽培されたハーブなどを使っているということだったからなのです。フランス語だとビオディナミックとなるのですが、有機栽培のビオと混同してとらえていたのが、なんだかそうではなくてもっともっと宇宙パワーとかを取り入れて栽培されている農法だということを知り、ものすごく興味が出てきたわけです。宇宙パワーとかっていうと、とてもウソくさい感じがしますが、農業にとっては自然のリズムに合わせるというのはすごく道理が通っている気がします。釣りとかでも大潮とか月の満ち欠けが関係するし、うん。まだよく知らないことが多いのですが、なんか面白くてはまりそうです。でもシュタイナーの本、買ってみたけど難しくて全然読み進められない・・・。誰かマンガとかにしてくれないかなぁ。

トラックバック(1)

2006年10月 7日 (土)

福岡!

おはようございます。

福岡で朝を迎えました!

今日と明日、スリービーポッターズでJam Paradeのイベントです!

量り売りもジャムもたっぷり準備して、はりきってます!

では、九州の皆様、お会いできるのを楽しみにしています!

トラックバック(0)

2006年10月 5日 (木)

あたたか~い飲み物の季節

温かいドリンクの季節になりました。

ロンドンのフォートナム&メイソンで買ってきた「オーチャード・アップル」というハーブティーにはちみつを入れて飲みました。りんごというか、ベースはハイビスカスやローズヒップなのでさっぱりおいしい。これにりんごジュースを足して温めてもよいかと思うのですが。どうでしょう。

トラックバック(0)

2006年10月 3日 (火)

『秋色のお菓子発表会』

『秋色のお菓子発表会』

ひょんなことから、お菓子研究家(いがらしろみ・石橋かおり・柳瀬久美子)が3人集まって 「秋色のお菓子発表会」を開く事になりました。

個性の違う3人がそれぞれ知恵を出し合い考えた秋にふさわしい3種類のお菓子と各自が考えた枯葉の似合う5種類のお菓子達・・・でサプライズの計18種類を今回皆様にお披露目したいと思っております。手作りで、文化祭ののりで 楽しくいこう・・・をコンセプトに頑張ってまいりました。

2006年・秋・この新しい試みが、みなさまの感動を呼ぶイベントとなってくれる事を願いつつ、ご一緒に同じ時間を楽しく共有できましたら幸いです。

秋色のお菓子・・・あなたはどんなイメージがするのでしょうか?

    なぜか言い出しっぺということで代表になった  石橋かおり

++++++++++++++++++++++

『秋色のお菓子発表会』

【イベント詳細】

3人の菓子研究家による18種類のお菓子をご自由に召し上がって頂けます。

ご参加頂いた方には、共同で作ったお菓子のレシピもプレゼントします。

当日は、石橋かおりさんのお菓子の販売会も開催!お土産をご希望の方は是非!

日程: 20061028日(土)11:00~(1時間半の入替制とさせて頂きます)

会場: Pond(表参道 LotusF) 

 

渋谷区神宮前4-6-8 2F 

    03-5772-6077(イベントの詳細に関しては、下記メールまでお願いします)

最寄駅:東京メトロ 表参道駅

会費: 4000円(ケーキ、ドリンク フリー)

申込方法:下記、希望時間に合わせた件名を入れ、必要事項を記入の上、

メールlabo@romi-unie.jpへお申込みください。お申込はメールのみとさせていただきす。 

申込は、107日(土)10:00から。(開始前に到着のメールは無効となります)

募集人数に達し次第、終了とさせていただき、順にキャンセル待ちとさせていただきます。(どの時間も同じ内容です)

1回のメールにつき、2名様までお申込が可能です。

1100分~ 『Session1』 ←この回は満席になりました

1230分~ 『Session2』(←件名に入れてメールを送信してください)

1400分~ 『Session3

1530分~ 『Session4

必要事項:

◎お名前(2名様の場合、2名様分記名してください。)

◎代表の方のメールアドレス(できるだけパソコンのアドレスでお願いします)

◎代表の方のご住所

◎代表の方の携帯電話番号

◎第2希望の時間帯

注意事項:

 お申込後、5日以内にお返事のメールをいたします。何もメールが返信されない場合は、ご連絡ください。

 満席になってしまった場合、キャンセル待ちということでお申込をお受付致します。

 メールアドレスが間違っていた場合、メールの返信ができません。

ご連絡がつかない場合、キャンセルとなる場合がありますのでご了承ください。

 当日は、お持ち帰りはできません。お持ち帰りできるものは、石橋かおりさんの販売しているケーキのみとなります。

 会場内の様子は、写真撮影禁止とさせて頂きます。ご了承ください。

 時間を区切ってのご入場となりますが、入場に少々時間がかかることも予想されます。ご了承ください。

お問合せ先: labo@romi-unie.jp (メールでのみの返答とさせていただきます)

トラックバック(0)

2006年10月 1日 (日)

改めて好きだなぁと思う

先週行った原美術館の「リズムで遊ぼう」のライブがあまりにもシアワセで、そのときの余韻が自分の中に残ってる。本当にいいライブだったのです。五感と、たぶん第六感といわれる感覚に音楽がしみてくるような、満たされるような、そんな感じで。

Haasromiunie_1 このときのライブにも出演していた高野寛さんがHAASという名義で、新しい活動をスタートします。そして今回、名誉なことに、HAASと私がコラボレートして作ったミニアルバムが、11月1日に発売になります。そして、11月には、レコード発売記念のイベントが奈良のくるみの木で行われます。(チケットはすでに売切れです)。 私にとっては、なんとも感慨深い、この仕事です。

高野さんとの出会いは、ある意味運命的だったと思っています。高野さんがデビューして初めて出たテレビに偶然出会ってしまったのが、多感な17歳のとき。かれこれ18年位前の出来事でした。それから、高野さんの音楽が大好きになった私は、大好きなモノに向かうパワーがすごい時期だったということもあり、気がつけば、高野さんの事務所でファンクラブの仕事を手伝うことになっていました。ライブの物販などの小さなお手伝いから、ファンクラブの会報を作ったり、ツアーパンフレットやグッズを作ったりすることまでやっていました。学校のクラブには参加していなかったので、学校が終わって麻布十番の事務所に向かうのが日課で、毎日いろんな人に出会えて、いろんなことを知って、もう楽しくて楽しくてたまらない毎日でした。しばらくして、高野さんの「虹の都へ」や「ベステンダンク」がヒットして、自分の中で、「高野さんの音楽をもっといろんな人に聞いてもらいたい」という夢が成就するという体験をしました。出会う人達は、面白い人がたくさんいて、学生の私には、全てがホントに刺激でした。そして、自分で一歩を踏み出すことで、いろんな夢がかなっていくんだということも感じた時期でもありました。多感な時期に、こんな体験をしたのは、本当に影響が大きかった。高校生から短大生になって、私が好きなものを仕事にすることを心の中で決めたのは、この頃のことです。学校を卒業して社会人になるとき、「好きなことを仕事にしていい」と思ったのは、音楽事務所で働いていた人、出会ったさまざまなクリエイティブな人、そして高野さんに出会ったことがきっかけでした。今となって思いますが、選択は間違ってなかった。お菓子の仕事に就いてからも、高野さんの活動を遠くで応援していましたが、それがどういうご縁で、今またこうして繋がったのかは、本当にいたずら好きの天使か神様の仕業としか、思えない出来事です。

最近、改めて高野さんの曲を聴いたりしていますが、好きな曲がやっぱりたくさんあります。私の個人的な思い入れの強いものもありますが、純粋にポップスとしてよい曲がたくさんあるので、いろんな人に聴いてみてほしいなぁと思っています。HAAS名義の、このミニアルバムは、生活の中のBGMとして聴いてほしい音楽です。「Music for Breakfast」朝ごはんのための音楽です。朝ごはんに使ってほしいメニューを私が考えました。

これから高野さんのいろいろな活動が、いい感じで形になってくる予感がするんです。私も楽しみにしてるし、何か応援できたらうれしいなぁと思っています。

高野寛さんの曲を聴いてみたいなぁと思う方には、是非「確かな光」をおすすめします!

トラックバック(1)