« アイデアの生まれるところ | トップページ | Joyeux Noel!! »

2006年12月23日 (土)

栗のタルトとレモン・クッキー

今週で、Uni-Labo.のお菓子教室が終了しました。

「タルト」をテーマに3種類、いろんな生地と中の組み合わせをご紹介しましたが、やっぱりタルトっていいですねー。

毎回いろんなタルトを焼くたびに、あーこれもいいなぁ、あれもいいなぁとアイデアが沸いてくるのです。

タルトはすごく好きなので、また来年の秋もタルトテーマになってしまいそうな気分です。

お菓子教室は1月からは少しお休みを頂くことにしますが、また4月からちゃんと再開する予定です。どうぞよろしくお願いします。

 

さて、今月のタルトは「タルト・オ・ショコラ」。昨日はRomi-Unie Confitureに持ってきて、お仕事の後にみんなで食べました。

Uni-Labo.のお菓子教室で作った3種類のタルトの中で、一番好評だったのは、11月の「栗のタルト」でした。

モンブランとかのクリームがのってるのとは違って、栗のペーストを一緒に焼きこんでしっとりと仕上げています。

焼き菓子と生菓子の中間みたいな食感なのと、中に入れた渋皮煮が栗の存在感を引き立てるお菓子で、ちょっと日持ちするのもいいところ。

教室に来てくださった皆さんのお得意の一品になるといいなぁ・・・。

 

さて、この「栗のタルト」を、Romi-Unie Confitureでも1月2日と3日に販売することにしました!

Biscuitierが2日と3日にお店にやってくるのですが、そのときのお菓子の仲間にしてもらいました。メニューは、コチラで詳しく。

ブログにものっけたレモン・クッキーも、完成形となってBiscuitierで販売されます。オススメです!

この日は、おいしいミルクティーもご用意していますので、初詣のついでにぜひどうぞ!

固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98749/13168618

この記事へのトラックバック一覧です: 栗のタルトとレモン・クッキー: