« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月28日 (金)

面接

070923_052310 昨日はFairycake Fairの面接。そして本日Romi-Unie Confitureの面接。

Fairycake Fairのスタッフも、ほぼ決定しました。(あと若干名募集しています)

今月は、本当にたくさんの方にお会いしました。ご応募いただいた皆さんに感謝。スタッフがきまってくると、なんとなくお店の雰囲気もわかってきます。楽しみです。・・・とのんきなことを言っていられるのは今のうち。

少しパワーをためて、まもなくやってくるFairycake Fairオープニングの嵐に突入します!

Romi-Unie Confitureも、アトリエを少し模様替え。新学期気分の10月になりそうです。

トラックバック(0)

2007年9月25日 (火)

ゆく人くる人

3連休でしたね。皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか?

鎌倉Romi-Unie Confitureにも多くのお客様がいらっしゃいました。秋になって焼き菓子が恋しくなったので、Romi-Unie Confitureでは、コンフィチュールを入れたカトルカールを焼きました。土日であっという間に売れてしまいましたが、引き続きこれからも作る予定です!中に入れるジャムはそのときによって変わる予定です。どうぞお楽しみに。

070921_200748 金曜日の夜は、3年近くRomi-Unie Confitureの販売を勤めたクミちゃんの送別会と、新しくチームromi-unieに加わったミドリちゃんの歓迎会をしました。クミちゃんには、オープン直後の混乱した状況を、しっかりとまとめて頂ました。クミちゃんがいなくなるのは寂しいけれど、来年赤ちゃんが生まれる予定。また赤ちゃんを連れて遊びに来てくれるのを楽しみにします。これからもますますお幸せに~・・・(泣)

ミドリちゃんは、10月にオープンするFairycake Fairのマネージャーとして、もうすでにバリバリ活躍してもらっています。10月25日に向けて、あと1ヶ月!がんばりましょー!

トラックバック(0)

2007年9月18日 (火)

カナダ!

カナダのオンタリオの旅は、あんまりブログに登場していませんでしたが、2週間の旅、相当満喫したのでした。

Rimg0955 中でも、心に残っているのは、やっぱりメープルシロップを作っている農家に取材した時のメープルの林とか、全体の風景。それと、はじめのほうに行ったメノナイトの町、セントジェイコブスの風景です。広々として、やさしい自然に取り囲まれた、いい環境でした。日本が大好きな私ですが、カナダなら、住める。うん。そう思いました。

Hyosi さて。そんなカナダ・オンタリオの旅が、ギュギューッと詰まったeasy travelerが発売になりました。食べてます。(→でも、これは2週間分だから!)

 個人的な趣味でいうと、ファッションページのLEEのところが、めちゃめちゃかっこよくて、感激しました。みんな普通にトロントの町を歩いていた子だったりするのですよ。(って、撮影裏話を暴いてもいいのか・・・?)

  

         そして、現在Rimg0469 Romi-Unie ConfitureのVitrinesでは、「カナダ・オンタリオ展」と称して、メープル・プチ・フェアを開催しています。オンタリオ産のメープルシロップの様々な種類を小さなボトルで販売中です。

 

Rimg0470 中でも、No.1エキストラ・ライトというメープルシロップは、希少なためあまり売られていないもの。なんてったって、メープルの樹液を採り始めて1日2日だけ(しかもあんまり出ない時期)のものだけで作ってあるのですから!味は、ものすごく繊細です。このままで食べたほうがいいかも?

このほかにも、ライト、ミディアム、アンバーとそろえてあります。メープルの樹液で作られたスキンケア商品もあるので、試してみてください。

Romi-Unie Confitureのオリジナルで、メープルシロップを使ったジャムも3種類作りました。ちょうどラインナップも、秋メニューにも変わり始めてきましたよ。引き続き、メープル・プチ・フェアも開催しています。

それにしても、メープルって、秋に似合う味ですね~

トラックバック(0)

2007年9月16日 (日)

Fairycake Fair プレスパーティ!

070914_174508 金曜日は、Fairycake Fairのプレスパーティ。プレスや関係者の方々を集めて、Fairycake Fairのお披露目会となりました。

新しく集まったスタッフがみんなで、150人以上も集まった大きなイベントを迎えたことは、何よりもチームの団結力を強めるよい機会でした。いやぁ、いいスタッフが集まっちゃいました。泣けます!

Rimg1224イベント後には、みんなで打ち上げ。そして、romi-unieの企画開発担当のいずみちゃんと、新しいスタッフのさっちゃんが誕生日のお誕生日もお祝いしました。フェアリーケーキにろうそくをさしてのバースデイも、なかなかステキです。

これから、このチームとも作っていく新しいお店、すっごくすっごく楽しみになってきました!

トラックバック(2)

2007年9月13日 (木)

花時間

9月7日に発売になっている「花時間」でバラジャムの作り方などを掲載しました。

バラの香りは、もっぱらキャンドルなどで楽しんでいますが、たまにはこうしてお菓子に使ったりするのも,、うっとりしていいものです。

あまり植物を育てたりしていないので、バラの栽培など、私には遠い世界のことですが、おうちでいい香りのバラを育てている方などは、バラの紅茶やバラジャムなんか、作ったりするのもいいですねぇ。

あー、ゆとりのある暮らしです。あまりゆとりのない生活を送る私にとっては、ハーブティー用のローズが、香りが強くとても重宝します。もちろん、ドライでもおいしいバラのジャム、できますので、是非作ってみてください!

トラックバック(0)

2007年9月12日 (水)

研修3日目

070912_163207  本日3日目になる、フェアリーケーキフェアの研修は、明後日に控えたプレスパーティーの資料の準備。ひとつひとつ、大切に、丁寧にラッピングを施しております。

明日は、たくさんたくさんフェアリーケーキを作ります。1ヶ月前だけど、なんだか本番を迎えるような気分です。

トラックバック(0)

2007年9月11日 (火)

研修

今日から、Fairycake Fairの研修がスタート。

ひととおり、フェアリーケーキの作り方を見てもらってから、最後に試食タイム。

070910_165327 まだまだのほほ~んとしたムードで進んでいますが、現場に入ってからは、きっと仕事に追われることでしょう。

つかの間のシアワセにならないよう、ここでしっかりお仕事覚えてもらわなくては!

トラックバック(0)

2007年9月 9日 (日)

位置についた

Fairycake Fairの第1回スタッフオリエーテンションが木曜日に行われた。

CPCenterの杉浦社長やプロジェクトに関っているたくさんの仲間と一緒に、新しいスタッフを迎え入れてのオリエンテーション。

新しいチームとなるみんなと一緒の、この空気を吸うと、どこからか「位置についてー!」と聞こえてくるみたいだった。 Fairycake Fairのオープンまで、あと1ヶ月半。明日からは、ラボに社員の人を受け入れての研修がスタートする。

いよいよです!

トラックバック(0)

2007年9月 9日 (日)

日本橋よいとこ♪

フェアリーケーキ フェアの仕事の関係で、日本橋に行ったので、楽しみにしていた三越新館のB1フロアに行く。

浅野正巳さんのプロデュースする「midi a midi」で、パンをごっそり買う。お店の内装がかっこよすぎ!入れてもらう袋も、かなりイカしていて、もう、胸がドキドキした。パンも、おいしかった。1個200円前後のもので、こんなシアワセを手に入れてもいいのだろうか。パンは単価が低くて罪悪感さえある。レモンときび砂糖の入ったパンが好みだった。

Rimg0451

かなり早めのお昼になったが、イル・ギオットーネのランチもすんなり入れたので、すんなりと吸い込まれてみる。

ランチセットは、前菜4品と3種類のパスタの中から選べる仕組み。

ポルチーニと生ハムのタリアテッレを頂いた。前菜も、ちょっとずつおいしいものが並んでいて、どれも「ん~♪」とうっとりするような味。タリアテッレは、ポルチーニが贅沢な使い方で、鼻から抜ける濃厚なきのこの味に、すっかり秋の気配を感じる。お店の造りが小さいので、私達がお食事を堪能している間に、列が出来てしまった。デザートやカッフェを・・・と思っていたけど、カノビアーノのジェラートも食べたかったので、席を明け渡し、そちらに行くことに。われながら、かなり有効な使い方。

日本橋の町を歩いていると、老舗のお店のたたずまいがステキで、もうちょっと知りたいと思った。

トラックバック(0)

2007年9月 9日 (日)

ありんこの店

Rimg0448_2 Romi-Unie Confitureのお店ができる前、何ヶ月間かの間、いろんなお店でジャムを販売していた頃にジャム作りを手伝ってくれたのが、ありちゃん。週3回、湯河原から通ってジャム作りをしてくれた。今思うと、本当にありがたいなぁと思います。

←そんな彼女が地元、湯河原に去年の12月にオープンさせたのが、『ari-deli』です。

月曜日に、ようやくお店に行ってみることができました。

公園がお向かいにある、小さな店内は、アリちゃんの空気で満たされていて、キッチンでテキパキと働くその姿は、結構すがすがしかった。

なんというか、「かもめ食堂」を思い出しました。(ほめすぎ?)

お休みの日だけど、ソレを最大限に有効活用させてもらって、好きなようにのーんびりとアリちゃんとお話ししながら過ごしました。バリスタの人に教えてもらったという、おいしいカプチーノの入れ方のことや、これはパリのどこのお店の雰囲気で内装屋さんに作ってもらったとか、そういう話がいっぱいで。メニューには、手作りのパンやお菓子、気の利いたデリが散りばめられていて、今までのアリちゃんの足跡がうかがえるようでした。

アパレルの販売員からお菓子の学校に行って、パン屋さんやカフェやお菓子屋さんで働いたり、それなりにいろんな経験を積んで、ようやくなんとか開店したお店は、とてもゆる~く等身大のお店でした。これが、驚くほどに全然がんばっていなくて、(週休2日だし。笑)でも、手作りでおいしいものがいっぱいできてしまうので、自分のペースで作ってる。一人で好きに出来て、続けられる環境を整える。これはかなり女子の憧れだと思いました。

かもめ食堂の主人公の女の人は、今までいったいどうしていたのか、そんなことはわかりませんが、遠いフィンランドで日本食の食堂を開いてる。いつのまにか、仲間が増えて、お客様も増えている。これは言葉では言い表せない、シアワセの形だと思いました。感覚だけは、ジワ~ンと伝わってくる映画のよさです。

かもめ食堂の監督の荻上直子さんは、1972年生まれ。年齢がひとつしか違わない。何か、同世代の共感する空気があるんだろうなぁ。と、勝手に妄想していたりする。

と、それにしてもアリちゃんが忙しさにかまけて、ジャムを作らないのは、私としては納得がいかん!どうにかしよう。

トラックバック(0)

2007年9月 3日 (月)

市場で見つけた!

070901_131826 土曜日に鎌倉の市場でお買い物。ヴェルヴェーヌとレモングラスを見つけた。どちらもいい匂いを放っていて、ハーブティにするとおいしそう。

ウチに帰って、風のあたるところで乾燥させて、ハーブティーにしてみた。部屋の中で乾燥させてたら、部屋の中もいい香り。乾かしている様子もなんだかカワイくて、一人でうれしくなる。

さて。出来上がりのお茶は、香りがよくて、すっきりして、温かいのでも冷たいのでもいい。あんまりおいしくて、自慢。夜、久しぶりにチーム鎌倉で集まった餃子パーティーで、好きそうな人に勧めてみる。すこぶる好評。もうちょっとほしいなぁ。

トラックバック(0)