« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月28日 (水)

缶!

今日は朝から合羽橋。

クッキーなどの焼菓子は、やっぱりカンカン(缶のことです)に入れて保存したほうがおいしいと思うのです。

最近は、透明で中身が見えるので、プラスチックのパッケージに入れるのが主流ですが、カンカン好きとしては、せっかくなのでオリジナルのカンカンを作ろうと、合羽橋に行っていろいろと話を聞いてきました。

ものすごおおおく素晴らしい接客に、盛り上がること30分。もう、あれもこれも作りたい!という衝動に駆られるのでした。手作業で職人さんに作ってもらうのですが、残念ながら、もう、2人しか職人さんがいないそうです。

カンカンは、プラスチックの容器の何十倍も値段がしますが、後でずっと使えるので、やっぱりこれはいいですよ。かわいい箱になるよう、がんばります。

今日は、合羽橋に行ったついでに、合羽橋珈琲でコーヒー&モーニングセット。おいしかったです。

それから新しく増えたドクターグッズのお店と、お菓子の森と、包装材料屋さんを回って、ケイクの型を買って、ペリカンのパン屋さんへ。午前中の3時間で、なかなかの収穫。

学芸大学の工事中のお店にも行って、厨房の打合せも、内装の打合せもしました。

今日はいい日だったなぁ。

 

さて。明日から、本の撮影に入ります。これから集中して準備に入ります。詳細は、また今度・・・。

トラックバック(0)

2008年5月27日 (火)

1コマ進む

R0014615 昨日のMaison。雨漏り補修が終わって、壁や柱の補強や断熱材が入ったりしています。

もとの状態と比べたら、すごくキレイになってます。よかったよかった。

すごろくならば、ようやく 1コマ進む。 という感じの日。

これじゃ、まだまだどんなふうになるのかわかりませんね。

チラリズムです。ウソ。私にも想像がつきません。

 

現場で打合せをしていたら、近くに住んでる昔の知人に会った。その後ご飯を「味味」に食べに行って、おじさんとお話しをする。少しずつ、こうして私の学芸大学が広がっていく感じがしている。

トラックバック(0)

2008年5月27日 (火)

オルタンシア

R0014625 中目黒の駅から、オフィスへ向かう緑道。

紫陽花のつぼみが開き始めました。

周りからピコピコと咲くので、王冠みたいです。

そろそろ、鎌倉も紫陽花の季節。いつも、フランス語で紫陽花をなんというのか忘れてしまい、何度かジャムの名前につけようと思ったのですが、今日歩いていてようやく思い出しました。

オルタンシア。

かわいい名前です。

鎌倉は、紫陽花や藤の花、紫式部など、紫の花がきれい。(単に好きなだけ)

忘れないようにブログに書いて、今度ジャムにこの名前をつけたいと思っています。

トラックバック(0)

2008年5月25日 (日)

エルメ・フェチ♪

080524_194014 久しぶりに青山のピエール・エルメのフェティッシュ・パーティーに行ってきました。テーマは「モザイク」。グリオットチェリーとピスタチオの組み合わせです。この組み合わせでムースのケーキやチーズケーキ、タルト、パート・ド・フリュイ、マカロン、ミス・グラグラ(マカロンサンドのシャーベットサンド)とアシエット・デセールなどなどに展開されるのを楽しむという、まさにエルメマニアにはたまらない企画です。

グリオットやアマレーナチェリーの香りには、ピスタチオと同じような、キルシュのような、ドクターペッパーのような、杏仁のような、アマンド・アメールみたいなそんな香りが共通項であると思う。どの味も、日本ではそんなに強調されることがなかったように思う。初めてフランスでピスタチオのアイスを食べたとき(それは香料がきつかったんだけど)ちょっとイヤだなと思うくらいピスタチオの普通の味とは違うと思った記憶がある。今でも日本で自然でおいしいピスタチオのペーストを見つけるのは、結構大変だ。色合いは、赤紫と若草色。このコンビネーションは、色合い的にもステキすぎる!一緒に供された甘口の白ワインはシチリア産だったそう。ピスタチオの名産地つながりにグッときた。

4109htc1c6l いつもピエール・エルメに行くとドキドキする。好奇心とか、発見できたことに対して感嘆することも多くて。知れば知るほど楽しいのです。エルメの10年のお菓子が載っている「ph10」という本は、すごいです。クリエイトしてきたお菓子のレシピがドドーッと載っています。

フランス菓子を勉強し始めたときは、伝統や体系的なお菓子しか知らなかったし、あまりフランスでも(もちろん日本でも)存在していなかったと思う。確実に、ピエール・エルメの登場で、技術や味が革新してきた。一緒の時代に生きていることに感謝して、私はきっとエルメのお菓子を追っかけ続けると思う。こんなワクワクした気持ちを持てるなんて、お菓子の楽しさをずっと感じているなんて、幸せなことだ。

トラックバック(0)

2008年5月23日 (金)

おみやげはふりかけで。

080523_145713 Romi-Unie Confitureのスタッフの中ではやっているもの。

それは、各地の『ふりかけ』です。続々と増えてきます。笑

みんなお昼のお弁当に、パラパラかけて楽しくておいしい。ちょっとめずらしいのがやっぱりいいみたい。

トラックバック(0)

2008年5月23日 (金)

明日はピザの日!

先月も、Romi-Unie Confitureの前にやってきたCacciatora Deliが、明日あさってと再びやってきます。

おいしい本格的なピザが車の中で焼かれます。すごい!

ご近所の方は是非いらしてください!

トラックバック(0)

2008年5月21日 (水)

今日から工事が始まりました

ようやくスタートした内装工事。あぁ、いいお店になりますように!

先週末から毎日交渉ごとがあり、お金のことをウーーーーンと考えたり、以前言ってたことが簡単にひっくり返ったり、イライラしたり、気持ち的には「まるでジェットコースター!」っていうより、どこまでも落ちていく「まるでスカイダイビングみたい!」という感じ。・・・開き直っていますが、ちゃんとパラシュートが開かないとー!!!やっぱり、人とうまく仕事が進めないと、精神的にヘビーですね。一人じゃできないし、でもみんないろんなことを考えているので、その渦に飲み込まれないように。相変わらずちょっとへこんでいます。

でも、私は、前に進みます!

Rimg1680 先ほど、先日取得した食品衛生責任者の手帖を持って、保健所で営業許可の申請もしてきました。(早いですねぇ。と言われた)あとの心配は、設備のお金がいくらになっているか・・・。これから打合せです。

スタッフ募集へのご応募も少しずつ届き始めました。もうちょっと落ち着いたらお電話するので、少し待っててください。よろしくお願いします。

トラックバック(0)

2008年5月20日 (火)

Maisonに向けてのバター問題

先日、ボルディエのバターを使ったガレットのお店がウルルン滞在記で出てきました。それにしても、伊勢丹には、ボルディエさんが来ちゃうし、日本って、スゴイです。

Maisonの準備をしている私にとって、そして、こんなバター不足の時期に、あの!手作りのステキなバターをたっぷりと使って作るガレットなんて!!!!と、ちょっと興奮気味でその映像を眺めていました。(徳光さんは、今はバター不足ですが、もうすぐしたら出てきますから。と言ってましたが、あんまりそんなことはないみたいです。子牛さんがお乳を出せるまで、やっぱり2年くらいかかるみたい・・・)

やっぱりフランスのバターはおいしい。焼菓子にたっぷり使えるなんて、いいなぁ。でも、貴重な手作りのボルディエバター。これはフランスのお菓子屋さんの話なのです。日本にいる私達は、遠い国に思いを馳せるより、日本のバターでおいしいものを作ろうと思いました。このバターは、大事なフランスの思い出にしたいものとして、と、心に封印。フランスに旅行に行ったら、このバターで何か作ってみたいけど、今思い浮かぶ日本のいろいろなバターを思い浮かべて、これはこんなお菓子にしたらどうだろうとか、そんなことをツラツラと考えていました。

080520_173540そして今日は、スタッフのいずみちゃんが、私達のお気に入りのバターで、サブレ・ディアモンを試作。今まで作っていたサブレよりも、ずっとおいしく出来て感激!これは、是非Maisonで作っていきたいと思っています。

本当に深刻なバター問題で、Maison開店に向けてなかなか厳しい難関でした。これは、今まで苦労せずに安く手に入っていた材料をもう一度見つめなおすよいきっかけになりました。手作りで作ったバターはおいしいし、それで作ったお菓子も美味でした。って、自分でいうのもなんですが。

そして、いろいろ試作をして思うのは、やっぱりそのまま食べたバターと、焼菓子にしてみたときでは、意外と香りが違うな。ということでした。作ってみないと、わからないものです。

結果的には、このバター不足問題で、おいしいバターでお菓子を作るようになったと思います。まぁ、そういう意味では、試練ではありましたが、大変勉強になりました。

トラックバック(0)

2008年5月20日 (火)

夜食にします,,,

今日は、なんだかヘビーな一日。

金曜日の夜にとてもしょんぼりして、ちょっとどんよりした気持ちの土日でしたが、気持ちを切り替えねば!私の今日のテーマは、いかに前向きになれるかなのでした。

やりたいことをやれる幸運と責任は、時間差攻撃でやってくる。

よし!受け止めますわよ!

今日、打合せの帰りに寄ったPoint et Ligneのシュクル・ルー(だっけ?)がお夜食です。おいしくて、涙がでそう・・・。

トラックバック(0)

2008年5月14日 (水)

ロンドンのアフタヌーンティー と パリのプティ・デジュネ

Pict0138

Pict0013Pict0035   

 

 

 

今年の秋、ロンドンの魅力的なアフタヌーンティーと、パリのお菓子とプティ・デジュネ(朝食)を楽しむ旅を考えました。

お菓子好きのお仲間と、おいしい話に花を咲かせながら、一緒にロンドンとパリを満喫しましょう!

私のお気に入りのお店、マーケットなどをツアーのコースに入れました。

このほかにも、もちろんおすすめのお店がいっぱいです。

旅のしおりを制作して、そこにおすすめのパティスリーやカフェもご紹介しますので、自由時間も楽しみながらのスイーツ・ツアーができると思います。みんなで部屋に集まって、その日買ってきたお菓子を試食しあったりするのも楽しそうです。

ロンドンでは、Notting Hillのおいしいティー・ルームでのアフタヌーン・ティーやマーケット。天気がよければ、公園でピクニックもしたいなぁと思っています(ちょっと寒いけど。)パリでは、マルシェで買ったフルーツでジャムを作ります。コルドン・ブルーのパリ校でお菓子のデモンストレーションに参加したり・・・おいしいものがいっぱいの、楽しい旅になると思います!

1010日(金)~17日(金) 8日間

旅行代金 ¥348,000

(空港税、航空保険料、燃料サーチャージ、飲食代、食事代が別途かかります。)

募集人数:20名様(最低15名様)

使用航空会社:大韓航空 パリ・ロンドン間はAir Franceとなります。

10日(金)成田空港出発(9:30) ロンドン着(1655

      専用バスでホテルへ。ホテル泊

11日(土)食品のマーケット、ボローマーケットへ。

     午後、ノッティングヒルのTea Palaceでアフタヌーンティ

12日(日)コロンビア・フラワーマーケットへ。

     日曜日しか開いていないフェアリーケーキのお店へ。

     午後、自由行動 (希望者はロンドン市内観光)

13日(月)Fortnum&Masonでイングリッシュ・ブレック・ファースト

     午後、Sketch Parlourでアフタヌーンティ

     ロンドン(2015)→パリへ飛行機で移動。

             専用バスでアパルトマン・ホテルへ。

        アパルトマン・ホテル泊

14日(火)Pain Quotidienで朝食。

     Le Cordon Bleu Parisでお菓子の授業を受講

     夕食 Mon VieilAmiで夕食。

15日(水)Ladureeで朝食。

     Ienaのマルシェで買い物。

     午後、アパルトマン・ホテルでジャム作り。

     ツアー最後の夕食は、一緒にレストランで。

16日(木)焼きたてのバゲットを買って、作ったジャムで朝食。

     自由行動

            夕方、専用バスで空港へ。

       パリ出発(2100

17日(金)成田到着。(2055)通関手続き終了後、解散となります。

     ロンドンは朝食付 パリは朝食が付きません。

     Le Cordon Bler Parisでの受講料金は含まれています。

企画:いがらしろみ romi-unie

お問合せ・申込先:株式会社エービーシーツアーズ(東京都知事登録旅行業3-3484号)

     TEL03-3663-3500 FAX:03-3663-3510 

     mail:info@abc-gecs.co.jp

URLwww.abc-gecs.co.jp

お申込み締切:2008630日(月)

※お申込みの方には、ツアー説明会を予定しています。

トラックバック(0)

2008年5月13日 (火)

もうGWは終わり

ゴールンデンなウィークは終わり、私は一人札幌に行ったりしておりました。Maison romi-unieに向けてバターをどうにかしようと、行動してみました。でも、行動の成果あって、ステキな町村農場さんのバターを使ったお菓子が出せそうです。牛乳もアイスクリームもおいしかったです。romi-unie製のバターでも、おいしくお菓子ができたので、なんとか焼き菓子屋はスタートできそうです。

札幌から東京に戻って、Fairycake Fairの打ち合わせや、Romi-Unie Confitureのスタッフの面接したり。なんだかうっかり毎日が過ぎています。

そして、今日は東京都の食品衛生責任者の講習会へ1日行っていました。神奈川県の手帳は持っているのですが、それじゃダメで、でも東京都の手帳があれば、全国オールマイティーだそうです。地域格差です。

いろいろと食中毒の話を聞いたりして怖いのですが、最後のテストは満点でした。復習って感じで、帰りの電車では「もやしもん」を読んでさらに菌について研究です。笑 このまんがかなり面白いです。こないだ、ニュージーランドで貴腐菌のついたワイン用のぶどう、かなりドキドキして食べたのを思い出しました。そう、貴腐菌っていったらステキに聞こえますが、フワフワのかびみたいのが覆っているちょっと腐ってるっぽく見えるぶどうです。でも、ほら!ってうれしそうにワイナリーの人が差し出すもんだから、食べちゃいました。甘かったけど、ワインになってるほうがやっぱりいいです。これも旅の思い出・・・。

トラックバック(0)

2008年5月 4日 (日)

クレープゥ!

1日から、クレープ屋台の屋台番。

今日はなんと、スタッフのいずみちゃんと2人で430枚焼き続けました。

ほー。よくやった!

Romi-Unie Confitureにもたくさんのお客様がいらっしゃいました。

どうもありがとうございました。

昨日は雨だったのであんまりお客様が多くなかったのですが、

今日はそのぶん、たくさんいらっしゃったような気がします。

あ、それと今日お花をいただきました。どうもありがとうございます。

お礼が言えなかったので、ブログにて失礼します。

明日もがんばります!

トラックバック(0)