« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月30日 (金)

喫茶始めます。

月に1日だけ。

teteriaのサロンがスタートします。

場所は、Maison romi-unieの2階。

第1回目は、2月22日(日)

予約制です。

詳細は、のちほど!!!!

トラックバック(0)

2009年1月27日 (火)

新しい紅茶になりました

Maison romi-unieにCHA YUANの紅茶、新しく4種類入荷しました!

アールグレイも登場しましたが、フレーズ・デ・ボワ(森いちご)やスウィート・オレンジなど、少し春めいたセレクトのフレーバーティーになっています。春先取りです♪

新入荷に伴いなくなってしまった紅茶もあるのですが、バレンタイン・ホワイトデーと続く2月3月の愛の季節のために「Amour」は残しておきました。今日、久しぶりに頂きましたが、名前負けしていないあまーい香りでうっとりしました。

 

そして、チョコレートものの焼菓子も登場してきましたので、コーヒーの販売もスタートすることにしました!いつも愛飲していたサザ・コーヒーのコーヒーです。サザ・コーヒーは、ひたちなかのROCK IN JAPANのコーヒー屋台での出会いでした。真夏のロックフェスで熱中症気味だった私が、何気なく口にしたアイスコーヒー。衝撃的に香りがよく、おいしかったのです!そんなサザ・コーヒーのサザ・スペシャル・ブレンド(2008年モンド・セレクション金賞受賞)とブルーマウンテン・ブレンドの2種類。手軽なカップ・オン・ドリップ方式2杯分セットで販売です。気軽にMaison romi-unieの焼菓子と一緒にお召し上がり下さい!

トラックバック(0)

2009年1月22日 (木)

チョコ祭り!

080209_110003 Romi-Unie Confitureでは、恒例になったチョコレート祭り、1年で1日だけromi-unieがチョコレート屋になります。今年もやります。今年はMaison romi-unieでも開催しちゃいます!

Romi-Unie Confiture 2月11日(祝・水) 10:00~

Maison romi-unie 2月14日(土) 11:00~

※各回ともチョコレートがなくなり次第終了です。

 

今日、ようやくメニューを決めました。もう2月はそこにやってきています!

私にとって、チョコレート作りは毎年の楽しみでもあります。チョコレートは大変だけど、なぜだかハマリます。

Romi-Unie Confitureでは、ジャムを中に入れたConfiture Chocolat、キャラメルクリームを入れたCaramel Chocolatやドライフルーツにガナッシュをはさんでチョコレートにコーティングしたものなどなど。毎年人気のあるゴルゴンゾーラのチョコも作りますよ!

Maison romi-unieでは、焼菓子屋ってことで、ガトー・ショコラを7種類!そのほかにもショートブレッドのチョコレートがけなど、焼菓子とチョコレートの組み合わせを楽しんでもらえるようなものも考えています。

定番のトリュフ・チョコレートやオランジェットなどは鎌倉でもメゾンでも出す予定。

Rimg3038そして、今月末には、お菓子教室でトリュフ・チョコレートのスペシャル・レッスンも開催!

トリュフ・チョコレートを手作りして、Maison romi-unieのブリキのボックスに詰めてお持ち帰りいただきます。

テンパリングいらずの作り方でお教えします!さっきカンカンに詰めてみたら、かわいかったです!お申込お待ちしております。

トラックバック(0)

2009年1月21日 (水)

チョコもの登場!

世の中は、ヴァレンタインモードになってきましたね。

私はヴァレンタインではあまり盛り上がらない年になってしまいましたが、やっぱりチョコレートのお菓子がいろいろ出てくるので気になる季節です。

前からオススメしている食べ方ですが、ジャムとチョコレート一緒に食べるのって、おいしいんですよ。あと、コッペパンとかに、板チョコとジャムをはさんで食べるのもイイ!です。意外と高級感のある味わいです。試してみてください。

チョコレートの季節になってきたので、Romi-Unie ConfitureとMaison romi-unieで、ヴァローナのスティックタイプのチョコレートの販売をスタートしました!

オレンジピールとチョコレートの組み合わせが絶妙なオランジェットの小さな粒タイプのものと、口どけの良いチョコレートのパール粒のようなものをミックスして瓶につめた「ペルル・オランジュ」も販売開始しました。

Maison romi-unieでは、新しいチョコレート味のクッキーが2種類。そしてガトー・ショコラ(量り売り/16cm長さの1本もの)も新登場しています。

クッキー系は、素朴な一口サイズのクッキーにビターチョコレートとミルクチョコレートを浸した「プチ・パレ・ショコラ」と、カカオたっぷりの生地にチョコレートチップを散りばめた「ショコラ・ショコラ」。

どれもとってもオススメですよ♪

今年は、Romi-Unie Confitureだけではなく、Maison romi-unieでもマルシェ・ド・ショコラを開催しようと思っています!!!(そしてもちろん違う種類を作ろう!)

チョコレートに合うのはやっぱりコーヒーでしょうか。コーヒーも販売しようかなぁ。

 

2そうそう、Fairycake Fairでも、1月26日から、バレンタインものが登場し始めます。

かわいいミニ手提げに入ったクラシック・ショコラです!

 

 

 

1 去年同様、ボンボン・ショコラの載ったフェアリーケーキも登場です。

プレゼントなんてもったいないですね。自分用に是非! 

トラックバック(0)

2009年1月21日 (水)

引き続き、5周年。

Rimg3034 5周年の記念で、Salada de Fruitsサラダ・ド・フリュイという5種類のフルーツを散りばめたジャムを作りました。

ヨーグルトによく合います。

Romi-Unie Confitureで販売しています。

Rimg3022 5周年のイベントは、80名のお客様に、ジャム40種類を味わって頂きました。

皆さん、お腹いっぱい食べて頂いた様でよかったです。

イベント終了後、ロミ・ユニのスタッフみんなでジャムの試食をしました。

私もスタッフもこんなに一度に食べる機会はそうなかったので、久しぶりにいろいろ食べて楽しい打ち上げでした。

トラックバック(0)

2009年1月15日 (木)

Romi-Unie Confiture 5周年です!

今日、1月15日でRomi-Unie Confitureが5周年を迎えました!

皆様、ありがとうございます。

今日は久しぶりにフードイベントを開催して、ジャムを全種類、スコーンやパン、チーズにつけて食べてもらいました。

あー、5年かぁ!と感慨深い1日です。

これから、手作りのよさを大切にしながら、いいお店であるように1日1日今日からも大切にスタッフと仕事をしていきたいと思います。

トラックバック(0)

2009年1月14日 (水)

撮影ウィーク

今週は撮影ウィーク。今日は、先月に続き「料理通信」の取材を受けました。料理通信の編集、ライターの方とはお話しするのが楽しくて、ついつい関係ないいろんな話をしてしまい、時間が長くなってしまいます。お店作りについてのお話をしています。2月6日発売の号をお楽しみに。

日曜日は、レタスクラブの撮影でした。こちらは2月25日発売予定。スタイリストの池水さんにかわいくラッピングしてもらって、日置さんにステキに撮っていただいたクッキーたちが掲載されます。作り方、材料がシンプルでおいしくできるようなレシピにしたので、皆さん是非挑戦してください。

Rimg2489そして昨日はカフェ・スイーツの連載の撮影。(←写真は、1月号の大西さんの苦茶撮影シーン)

ちょっと久しぶりで、楽しい撮影。teteria大西さんと一緒に今後のお茶の種類をどうしようーとか、イベントをしましょーとか、そんな話で盛り上がりました。

『サロン・ド・テテテリア』というタイトルで、teteriaのお茶とromi-unieのお菓子を楽しんでもらうイベントを計画中です。たぶん予約制になりますので、詳細が決まりましたらまたお知らせします!

さて、今日からUni-Labo.では、3ヶ月コースAtelier Saisonが始まります。卵味のお菓子が好きなので、3つの卵味のするお菓子を紹介する予定。

トラックバック(0)

2009年1月 8日 (木)

素朴系女子菓子部

Top_issue1 1月6日に発売になった料理通信、今回の特集は『シンプルスイーツの時代』。

時代はシンプルスイーツですよ!

Maison romi-unieも、「素朴系女子菓子部」の1店として取り上げていただきました。

素朴系女子菓子部ですよ。すごいネーミングですね。

でも素朴系とは女子にかかっているのではなく、菓子屋として素朴系ということなんでしょうね。魅力的なお店がいろいろ載っているので楽しい特集です。素朴系とはいえ、ただ普通の人の玄人はだしというわけではなく、きちんとお店を持って実直に作っているという印象があります。お菓子屋さんの型にはまったお店とは違う魅力になっていくのは、既成概念とは違うところでの、店主の思いみたいなのが強いからなんじゃないかなぁと思います。

最後のほうの「なんでもテイスティング講座」では、みかんジュースの飲み比べをしてみました。20種類位あったんですが、飲み比べって楽しいですね。なんだか、いろいろなもので試したくなってきました。ご一緒にテイスティングした目黒のバーの鈴木さんもステキで面白いお話をたくさんしてくれて、とても楽しい会だったんです。そしてみかんジュースのおいしさにちょっと開眼して、この後ちょこちょこ飲んでいます。

いろいろなレシピも載っているので、興味深い号です。おすすめー!

トラックバック(0)

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

2009年になりました。

あけましておめでとうございます。

世紀末だと騒いだ(私だけ?)1999年から10年が経ってしまいました。

十年一昔と言いますが、ちょうど10年前はアルザスにいました。30歳を前にして、自分の生き方を模索していた時期だったと思います。あれから10年かぁ・・・と思うと、とても感慨深いものです。ちょっと振り返ってみました。

99年(27歳) アルザスに語学留学。という名目のお菓子研究留学。アルザスの村々を回ってお菓子をいろいろと食べる。アルザスだけでは退屈でパリに月に2回は遊びに行ってたなぁ。帰国後、カフェのメニューを考えるお手伝いなどする。

00年(28歳) ROMYMiERの活動スタート。勤めていたコルドンブルー横浜校勤務になる。それにともない、鎌倉に引越しする。

01年(29歳) ROMYMiERの活動終了。30歳になり、今後の進路にもがく。コルドンブルーをやめる準備をする。

02年(30歳) 結婚。 コルドンブルーを辞めて菓子研究家として活動スタート。「C'est la Fete!」の本を出版する。予約制の海辺のブランチを月2回、半年間行う。私の部屋で、このとき作っていたジャムを販売することになる。ジャムが好評。 年末、パリに1ヶ月滞在。

03年(31歳) ジャムのイベントが盛り上がり、販売店が増える。六本木ヒルズがオープン。ミュゼイマジネールで販売が始まる。この頃からお店の準備を始める。 「ジャムのお菓子」の本を撮影し、鎌倉Romi-Unie Confitureの工事も10月にスタートする。

04年(32歳) Romi-Unie Confiiture開店。 コンフィチュール・ブームと新聞や雑誌などから取材を受ける。

05年(33歳) お店も順調に軌道に乗る。秋、パリへ1ヶ月滞在。原点に帰って今後の方向性を考える。帰国後、菓子研究家の活動を充実させるため、東京に仕事場を借りる。

06年(34歳) 東京と鎌倉での仕事と生活をスタート。菓子教室も開催。NHK出版「果物でつくるコンフィチュール」が出版。NHK教育のテレビや雑誌の仕事などもあり、実質教室はあまり開催できなかった。東京にカフェ兼ジャムの販売ができるお店をぼんやり計画し始める。東京駅グランスタへの出店のお誘いがあり、準備をスタートする。

07年(35歳) 会社をつくり、中目黒にオフィスを設ける。スタッフも集まり、新しい気持ちで仕事に臨む。 東京駅Fairycake Fairの準備に取り組む。10月にFairycake Fairが開店。 

08年(36歳) 1月に学芸大学の物件と出会う。お店の計画をしているうちに、カフェはスペース等の問題であきらめることに。焼菓子とジャムのお店となる。4月に契約、内装工事スタート。7月にオフィス引越し。9月にMaison romi-unieをオープンする。お菓子教室も再開。

こうして振り返ると私にとって、めまぐるしい10年間でした。振り返ると2000年の鎌倉引越しは大きな転機でした。東京に仕事場を作ったのも、何か流れを変えるひとつの出来事。たくさんの方に支えて頂きながら、忙しくもシアワセな人生を送っています。

今年の6月で38歳を迎えます。そろそろ、ここら辺で変化の多い人生は一旦落ち着きそうですが、昨年末に楽しい仕事の話があり、それはそれでまたまた忙しくなりそうです。

昨日は、鎌倉チームで家に集まり紅白を見ながら鍋をしました。楽しく安らかな年越しで、今年は穏やかな年になりそうだなぁ・・・なんて期待をしています。

6年目を迎えようとしているRomi-Unie Confitureは明日1月2日から営業スタートです。私も新年の仕事始めは、Romi-Unie Confjtureでスタートさせます。初詣の帰りにでもお立ち寄りくださいませ!

トラックバック(0)