« 今年も1年、ありがとうございましたー!!! | トップページ | 素朴系女子菓子部 »

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

2009年になりました。

あけましておめでとうございます。

世紀末だと騒いだ(私だけ?)1999年から10年が経ってしまいました。

十年一昔と言いますが、ちょうど10年前はアルザスにいました。30歳を前にして、自分の生き方を模索していた時期だったと思います。あれから10年かぁ・・・と思うと、とても感慨深いものです。ちょっと振り返ってみました。

99年(27歳) アルザスに語学留学。という名目のお菓子研究留学。アルザスの村々を回ってお菓子をいろいろと食べる。アルザスだけでは退屈でパリに月に2回は遊びに行ってたなぁ。帰国後、カフェのメニューを考えるお手伝いなどする。

00年(28歳) ROMYMiERの活動スタート。勤めていたコルドンブルー横浜校勤務になる。それにともない、鎌倉に引越しする。

01年(29歳) ROMYMiERの活動終了。30歳になり、今後の進路にもがく。コルドンブルーをやめる準備をする。

02年(30歳) 結婚。 コルドンブルーを辞めて菓子研究家として活動スタート。「C'est la Fete!」の本を出版する。予約制の海辺のブランチを月2回、半年間行う。私の部屋で、このとき作っていたジャムを販売することになる。ジャムが好評。 年末、パリに1ヶ月滞在。

03年(31歳) ジャムのイベントが盛り上がり、販売店が増える。六本木ヒルズがオープン。ミュゼイマジネールで販売が始まる。この頃からお店の準備を始める。 「ジャムのお菓子」の本を撮影し、鎌倉Romi-Unie Confitureの工事も10月にスタートする。

04年(32歳) Romi-Unie Confiiture開店。 コンフィチュール・ブームと新聞や雑誌などから取材を受ける。

05年(33歳) お店も順調に軌道に乗る。秋、パリへ1ヶ月滞在。原点に帰って今後の方向性を考える。帰国後、菓子研究家の活動を充実させるため、東京に仕事場を借りる。

06年(34歳) 東京と鎌倉での仕事と生活をスタート。菓子教室も開催。NHK出版「果物でつくるコンフィチュール」が出版。NHK教育のテレビや雑誌の仕事などもあり、実質教室はあまり開催できなかった。東京にカフェ兼ジャムの販売ができるお店をぼんやり計画し始める。東京駅グランスタへの出店のお誘いがあり、準備をスタートする。

07年(35歳) 会社をつくり、中目黒にオフィスを設ける。スタッフも集まり、新しい気持ちで仕事に臨む。 東京駅Fairycake Fairの準備に取り組む。10月にFairycake Fairが開店。 

08年(36歳) 1月に学芸大学の物件と出会う。お店の計画をしているうちに、カフェはスペース等の問題であきらめることに。焼菓子とジャムのお店となる。4月に契約、内装工事スタート。7月にオフィス引越し。9月にMaison romi-unieをオープンする。お菓子教室も再開。

こうして振り返ると私にとって、めまぐるしい10年間でした。振り返ると2000年の鎌倉引越しは大きな転機でした。東京に仕事場を作ったのも、何か流れを変えるひとつの出来事。たくさんの方に支えて頂きながら、忙しくもシアワセな人生を送っています。

今年の6月で38歳を迎えます。そろそろ、ここら辺で変化の多い人生は一旦落ち着きそうですが、昨年末に楽しい仕事の話があり、それはそれでまたまた忙しくなりそうです。

昨日は、鎌倉チームで家に集まり紅白を見ながら鍋をしました。楽しく安らかな年越しで、今年は穏やかな年になりそうだなぁ・・・なんて期待をしています。

6年目を迎えようとしているRomi-Unie Confitureは明日1月2日から営業スタートです。私も新年の仕事始めは、Romi-Unie Confjtureでスタートさせます。初詣の帰りにでもお立ち寄りくださいませ!

固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98749/43604286

この記事へのトラックバック一覧です: あけましておめでとうございます: