« 2010年8月 | トップページ | 2010年10月 »

2010年9月27日 (月)

思い出の味は永遠に・・・

21歳、社会人1年目の私が挫折したお菓子職人への道。それは『ルコント』というフランス菓子店でのことでした。

高校を卒業し、バイトも解禁となり、ケーキ屋さんでの販売のアルバイトを探していた時に見つけたケーキがたくさん並んだ写真に惹かれて応募したのは、偶然にも、その頃は日本でも稀有な存在の、本格的なフランス菓子を出すお店でした。直前に応募していた渋谷のケーキ屋さんからなかなか返事が来なかったのも、何かの運命だったのかもしれません。それがなければ、このご縁はなかったのです。面接を経て、すぐに採用が決定しました。短大から数駅のの青山一丁目のお店を希望していたのですが、六本木店の人が足りないことが理由で、六本木店でのアルバイトがスタートしました。時は1990年。バブルの絶頂です。お菓子屋さんも、やはり景気がよい時代というのはとても華やかでした。

六本木のお店は、ルコント最初のお店でした。創業の頃の六本木は、その当時よりも華やかだったことでしょう。ルコントの六本木店は、間口がとても狭くて、小さなスペースにぎっしりとお菓子が詰め込まれていました。お店の床のタイルにお花のレリーフがあったりするのを覚えています。小さなお菓子屋さんでしたが、やっぱり特別でした。お客様が開店当時からやムッシュがオークラにいた頃からのお得意様だったり、フランス通だったり、このお店への思い入れがすごく強い方達ばかりで、そういうお客様との会話から、少しずつルコントのことを知ることができたのは幸運でした。私も、お店に対して、そしてルコントのお菓子に対して、どんどん愛着が湧いてきました。今でも、働きながら、食べ倒したルコントのお菓子が、私のフランス菓子の味の基準になっています。

その頃、ルコントは青山のキッチンと三田のキッチンと2つの厨房がありました。六本木のお店は、どちらのキッチンからもお菓子が送られてくる店舗で、昔ながらのルコントの味を守るシェフと、今のフランスの空気をどんどん取り入れるシェフの競演も、密かに楽しみにしていました。ちょうどティラミスがブームになっていた時で、お客様からの要望も高くて、でもあれはイタリアのデザート菓子だからフランス菓子じゃないから、そのままのネーミングでは出せない・・・けど、同じマスカルポーネやコーヒーを使った構成のお菓子を・・・みたいな工夫もあったなぁって思い出します。販売してた私にとっては、ティラミスでいいじゃん。って思いましたが、フランス菓子を誇る店にとっては、それじゃいけないんですよね。今なら理解できるし、フランス菓子店にティラミスを求めに来るお客様も少ないんじゃないかと思います。時代だぁ。華やかな時代ですから、お菓子の新作もドバドバ出ていました。販売として、だんだんお菓子も覚えてきた私にとっては、新作の登場も楽しみだし、それをお客様にオススメするのも楽しい仕事でした。

青山のキッチンから、さほど遠くない六本木のお店は、夜遅くまで開いてることもあり、ルコントのキッチンのお菓子職人さん達がお店の様子を見にいらっしゃることがちょくちょくありました。だんだん顔見知りになってくると、いろいろとお菓子の話を聞いたり、キッチンの様子を聞いたりするのが楽しみになってきて、いつのまにか、私もそこで働けるかなぁと淡い夢を抱くようになっていました。

短大でも2年生になると就職活動が始まります。バブル期最後の華の時代。余りにも今の人達と違う状況でしたが、仕事観も今とは違って、良妻賢母の教えが濃厚な大妻の短大では、一流企業のOLをやって2-3年して結婚退職するのが幸せ♪でした。まぁ、そんな中でも私はちょっと異色だったもので、OLとか・・・やっぱり無理!という結論で、ずっと子供の頃から好きだったお菓子の世界に飛び込んでみようかなぁと思ったのです。

この決定を下した夜は、不思議な白昼夢のようなものをみました。布団の中で将来のことを一人モンモンと考えていて、ルコントの製造で採用してもらうことをイメージした時に、何かわからないけど、暗闇の向こうの方の小さな扉がギィッと開いて、光が見えたような気がしました。

今から考えると、特に経験も、専門学校も出ていない女子が、アルバイトしていたってだけで、ルコントの製造に採用されるなんて夢のようです。その2年前までは、男子しか採用されなかったのですが、時代がバブルで人材不足だったことや、当時のアルバイト先の店長さんが取り計らってくださったお蔭で、ルコントの製造に就職することができたことは奇跡だったんだなぁと思います。

結局は1年で挫折してしまったわけですが、ルコントで1年だけでもその現場にいられたことは、私にとって、とても大きな財産になりました。挫折してしまいましたが、そんなに辛かったわけではなく、いろんな人にすごくかわいがってもらいました。つい先日、OB会にちらっと参加させて頂き、懐かしい方と会うことができて、たくさんのことを思い出して、感謝の気持ちが改めてあふれ出てきました。

そんな私にとって、大切なお菓子の仕事への一歩目となるステップだったルコントが、昨日、閉店を迎えました。それまで日本になかった本当のフランス菓子を出すお店を開き、一時代を築き、そして、自分の手でその歴史に終止符を打つ。きっといろいろな思いはあると思うのですが、そのマダムの決心に、私は将来学ぶべき時が来るんだろうと思います。お菓子職人として挫折はしましたが、形は違っても、お菓子の仕事に関わることができて、今、こうしてお店を持てていることは、いろんな幸運の積み重ねです。偉大なお店の歴史に少しでも関わることができて、幸せでした。ルコントの思い出の味は、私の中で大事に大事にとっておこうと思います。ありがとうございました。

トラックバック(0)

2010年9月23日 (木)

金曜日はジャムぱん。

そんなわけで、金曜日なので、Romi-Unie Confitureではジャムぱんを販売しますよー。

今は、いちごとフランボワーズのAnniversaireのジャムとバターを混ぜたコンフィブール。

塩バターキャラメルのCaramel Bretagneの入ったジャムぱんの2種類を販売。

コッペパンは、このジャムぱんのために作ってもらったダンディゾン(@吉祥寺)のパン。まるでスポンジケーキのような口どけよく歯切れのいいパン。

それと合わせているバターは、九州オーム乳業のミルキーな発酵バターです。

シンプルで懐かしい味だけど、ジャムぱんとしては新しい、そんな味わいです。来月になるとまた中のジャムの種類が変化します!

トラックバック(0)

2010年9月22日 (水)

ジャムぱんのこと

テレビに映った意外と細かいところを観てる方が多いらしく、質問をいただくのですが、

最後のほうに映っていたパンは、ちょうど、ダンディゾンのスタッフの方がいらして、ジャムぱんのジャムとパンを試食していたところでした。

そこでいろいろと試食して決まったのが、9月から鎌倉Romi-Unie Confitureで週に1度販売されているジャムぱんです。おいしいですよ!

お問い合わせを頂きますが、学芸大学Maison romi-unieでは販売していません。(予定もありません)。学芸大学でしたら、焼菓子をいろいろと販売していますので、スコーンとジャムを合わせてもらうと、楽しめると思いますよ!

トラックバック(0)

2010年9月21日 (火)

ありがとうございました。

昨日は、NHK教育テレビの『グラン・ジュテ』の放送でした。

ご覧頂いた皆様、どうもありがとうございます。

自分のことをテレビで見るのは、どうにも恥ずかしくて仕方がないのですが、キレイにジャムを映してもらえたのが、うれしい内容でした。

いろんな方にも感想を頂き、ありがたい限りなのですが、まぁ、ただすごく努力をして夢を叶えた・・・っていうわけでもなく、10年計画とかもね、適当なんですよ。80%位は趣味の暇つぶしなんで・・・。10年計画は、書いてもすぐに忘れちゃってるんですよ。計画にとらわれないように、楽しく暮らすのも大事じゃないですか。なんかね、すごい計画に向かって一直線みたいな感じで、効率よく成功をつかむ!みたいな、○ツマーみたいなのは、全然ムリなんで。

あ、なんだかだんだん言い訳じみてきちゃった。

最近は10年計画もあんまり書いてないのが事実。たぶん、年齢的なものなんでしょうね。20代とか30代とか、やっぱりそういうステップ踏むのが大事だったんだけど、今40代を目の前にして、こう、今身の回りにある環境を大切にしたいなぁという気持ちが強くなってきています。仕事でも、日々の環境が大事だなぁと思ったり、仕事とは関係ない、好きなものにウツツをぬかす自由な時間がとっても大事だったり。

でも、仕事でもんもんとしてる人達に「元気が出た!」と言って頂けるのもうれしいです。こんな私でも、続けていればいいことがある!というのは、確かなことです。うん。「がんばってもうまくいかないときは好機を待つのみ。」こないだ、こんなことをゲゲゲの水木センセイが言ってましたね。いい言葉だなぁ。

トラックバック(0)

2010年9月14日 (火)

サブレ祭り!

アルザスのマルシェ・ド・ノエルで、クッキーが何種類もカゴに入れられて売られ、量り売りで好きなものを買うっていうのに、ものすごくときめきました。

そんなときめきを思い出しながら、1日だけですが、焼菓子気分になってきた、この秋のシーズンに、Maison romi-unieとRomi-Unie Confitureで『サブレ祭り』を開催することになりました。ワーイワーイ!

スタッフのいずみちゃんがいろいろと考えてくれました。お店だと、いろんな理由で販売できなくなってしまったサブレもありますが、1日だったら作れる!とか、こんな新作も!とか・・・、祭りで販売するサブレの種類は、そんなこんなで20種類になりました。ほんと、祭りです。試食祭りもおいしかったー。笑

Maison romi-unieでは、10月23日(土)に開催予定です! 鎌倉Romi-Unie Confitureは、11月に開催予定です。皆さん、お楽しみに!

トラックバック(0)

2010年9月14日 (火)

次は私の「グラン・ジュテ」

来週の月曜日9月20日、NHK教育テレビの『グラン・ジュテ』という番組に出演します。

30分程のドキュメンタリー番組の中で、人生の挫折やそこからの飛躍を描いた番組です。そんな、グラン・ジュテというほどの飛躍もないんですが・・・。

『菓子研究家』という私の仕事は、自分でもコレでいいのか答えは出ていないし、いろいろと試行錯誤をしてきて、今に至ります。分かりやすい一般的な職業ではないし、実際これで一生食ってける人っているんだろか。と思うほど、職業としてはなかなか成り立たないなぁと思います。世間的には、ジャム屋さん。という印象も強いのですが、実はこだわりを持って『菓子研究家』という肩書きで活動をしています。なかなか人には説明したり理解してもらったりするのが難しいものですが、テレビを観ていただいた人が、これまたどんな印象を持つかなぁというのは、とても心配なところでもあります。

今回、撮影を通して、インタビューがとても多かったので、いろいろなことを考えたり、思い出したりして、自分の心の、いつもよりちょびっと深い所を見たりしたような気がします。いろいろとお世話になった人の顔を思い出しました。以前に松浦弥太郎さん監修の『就職しないで生きるには』シリーズの『お菓子の日々、ジャム屋の仕事』(DAI-X出版)を出版した時も、そんな感じがしました。あの頃はジャム屋をオープンしたばっかりで、なんだかてんやわんやだったけど、その後こうして東京にMaison romi-unieも出店して落ち着いた所で、改めて次のステップを考える時に、神様から、こういう機会が与えられたんだなぁ・・・って思います。あの時、弥太郎さんに、『この本を作った後に、また新しい活動を始める人が多いんだよ』って言われたのを思い出しました。私にとっては、東京に仕事場を作ったことが、その新しい活動になったような気がします。あの本が出てから、もう5年が経つんですね。

テレビは、雑誌や本と違って校正がないので、番組がどんな風になっているのか、放送までまったく分からないのですが、きっとドラマティックな展開の人生に映ることでしょう。これからも、私の人生には、新しい出会いだったり、挫折だったり、失敗だったり、ミラクルなことがおこったりすることと思いますが、落ち着いて安定した人生よりも、展開の多いエキサイティングな人生を選んできた私の選択を信じて、毎日エンジョイしていきたいと思います!

トラックバック(0)

2010年9月 9日 (木)

お菓子便はじまりまーす!

はぁ。今日はようやく爽やかな秋っぽい一日でした。ほっとします。そして、秋がやってくると、あぁ焼菓子の季節だなぁって思うんです。

Okasi9

で、夏の間は少しお休みしていました、お菓子便が9月から再スタートしました!

毎月送るお菓子が変わります。9月は、マロンのケイクと、キャラメリゼしたアーモンドが入ったクロケットというサブレ、それとサクホロッとした食感のチョコレートのサブレのセットです。

なんだか、どれも秋めいた味わいで、ミルクティーとかコポコポ注いで一緒に楽しみたいお菓子です。サブレを食べ始めると、もうどうにもとまらない困ったことになりますが、おいしくていいじゃないですか! いろんな人に満ち足りた気分のお茶の時間を、過ごしてほしいなぁと思います。

トラックバック(0)

2010年9月 9日 (木)

お茶の教室

学芸大学Maison romi-unieの2階で開催されているUni-Labo.の教室の一般申し込みが来週火曜日からスタートします。優先のお申込みで一部満席になっているクラスもすでにあります。私はここのところお休みを頂いていますが、毎回たくさんの方にお申込み頂き、ありがとうございます。夏のクラスは暑かったですねぇ。

夏なんで、少しお休みしたteteriaも、お茶の教室として開催することにしました。teteria大西さんの活動はちょっと謎で、お店があるわけでもないし、ブログを読んでもなんだかあまりつかみきれないというところです。でも本とか雑誌とか、いろんな人からteteriaのお茶のことは聞くし、ちょっとお茶のことに興味もあるし・・・という方には、是非まずはMaison romi-unieで売ってるお茶を飲んでみてほしいなぁと思います。

私からすると大西さんは軽妙なトークの底に、お茶への愛!そう、愛です!を抱えた人だなぁと思います。おいしいお茶をいっぱい知っていて、いろいろと教えてもらっています。あんまり商売っ気がない所が、その活動を謎めいたものにしているのだと思われますが、そこもいい所です。おいしいお茶を適正な価格で出してくれるんですから。

大西さんには、早く喫茶店を出してほしいなぁと思っているのですが、きっと拠点の沼津は動かないので、沼津にそんなに用事がない私は、やっぱりそんなに行けないなぁ・・・とも思うし、うちのお店でお茶を時々飲ませてもらえる幸せな立場でもあるので、まいっか。と思って時間が過ぎています。

さて。そんな大西さんのお茶への愛に満ちたトークがいっぱいの講座の申込みは、コチラから。(一般のお申込みは9月14日火曜日からです。)この6回のクラスを受講すると、大西進になれる。というのがコンセプトだそうです。まぁ、あんまり大西さんが増えるのも困りものですが・・・笑  大西さんのブログでも、クラスのこと、いろいろと紹介してあります。ブログを覗いたら自分の写真がいっぱい載ってて、この人大丈夫かな?と思うかもしれませんが、別にイヤな感じのナルシストな訳じゃないので、大丈夫です。大丈夫って言い方もフォロになってないですが

Onishi_santeteria

おかしかったので、私も勝手に転載します。

トラックバック(0)

2010年9月 6日 (月)

ルコントのサントノーレ

ルコントのケーキはやっぱりおいしいです!

なんたって、17歳から食べ倒しているルコントです。(アルバイトしてたので)いろんなルコントのケーキの味を知っていますが、私の中での一番贅沢なお菓子はコレ。

フィユタージュにシュー、クレームパティシエールにシャンティイ、間にはキルシュとフランボワーズがジュワッと染みたジェノワーズが入ってます。甘酸っぱいフランボワーズもたまりませんが、この周りのカリッとキャラメルがかかったシューの中からキルシュのきいたパティシエールが出てくるのもおいしくてたまりませんっ!

こないだインタビューで、人生最後に食べるなら・・・と聞かれて、思い浮かんだのが、このお菓子でした。あぁ、おいしいなぁ。

トラックバック(0)

2010年9月 2日 (木)

ジャムぱんの日だよ!

ダンディゾンとロミ・ユニで一緒に作ったジャムぱんが、いよいよ明日9月3日(金)からRomi-Unie Confitureで毎週金曜日に発売!

金曜日はジャムぱんの日!

おまけに明日は月に一度のJam Jam Day!じゃないですか。

お楽しみが増えた第一金曜日です。鎌倉Romi-Unie Confitureのみで、13時~の販売になりますので、間違えないようにしてくださいね!

ダンディゾンさんには、きめ細かくて口どけのいいパンを、このジャムぱん用に作ってもらいました。9月のジャムぱんは、アニヴェルセール(いちごとフランボワーズ)とキャラメルブルターニュの2種類を販売予定です。アニヴェルセールのほうは、なんだかケーキを食べてるみたいな味でした。おいしいですー。

毎週販売していますので、金曜日は楽しみにいらしてください!

トラックバック(0)