« 鎌倉営業時間変更のお知らせ | トップページ | お店の営業について »

2011年3月15日 (火)

がんばらなっくっちゃー

地震から、気が付けば5日目になっていました。

地震当時は、鎌倉のお店に行っていました。鎌倉は、ふわっとした揺れがあってすぐに停電になったので、まずそれに驚いていた時に、どんどん大きな揺れに変わっていきました。

スタッフと、すぐに状況を確認しながら、周りのお店とも今の状況を確認し合いながら、宮城県が震源で、大きな地震だということ、大津波警報が出ていることなど、少しずつですが、みんなで携帯などで情報収集している間に、もう一度大きな揺れがあって、みんな立っていられなくなりました。

幸いなことに、ジャムの瓶は崩れたりすることなく、被害はありませんでした。

宮城県は、ノートルシャンブルなど私も縁のある土地です。鎌倉のスタッフにもノートル出身の人がいて、仙台のご実家の家族と連絡が取れるまで、本当に心痛な思いで祈っていました。私も小さな子供を東京の家に置いてきていたのが心配で、携帯で子守り役の私の両親に連絡を取ろうとしましたが、なかなか繋がらずに気が気じゃありませんでした。やがて短いメールで無事を確認でき、安心しました。学芸大のお店のことも心配で、いろんな方法で連絡をとろうとしました。スタッフのいずみちゃんとメールで連絡がつき、お店もスタッフも無事なことがわかって、ようやく次の事を考えられるようになりました。

鎌倉の街は、停電が続いていて、でも昼間で明るかったことから、一見何事もなかったのように静かでしたが、スタッフの帰宅が困難になるという判断で、まずはお店を閉めて、スタッフみんなで駅に向かいました。まだ街には買い物をしている人や人力車に乗っている人もいて、いつもの生活を続けていようとしていたのだと思います。駅に向かうと、海辺からの大きな津波警報のサイレンが響いていて、緊迫した感情が湧いてきました。スタッフみんなでまずは山に向かわなければ!と、ずんずん若宮大路を進み、鶴岡八幡宮の境内で本殿を横目に見ながら祈りつつ、北鎌倉へと道を進んでいき、大船駅まで歩きました。普通なら決して歩けないような距離ですが、時間の間隔もなく、ひたすらみんなで歩きました。ただみんなが一緒だったことが救いで、山を超えれば、少し安心して、結構笑いながら歩けていました。

大船についても、電車はどうにもなりそうにないのと、日が暮れてきそうだったので、それぞれ歩ける人は歩くことに決め、スタッフと解散しました。目黒区の自宅にはまずJRを利用しないことには戻る方法はないのですが、とりあえず動かない可能性があり、バスでできるだけ近くまで行くことにしようと。あとはバスをのりついで行くことにして、バスのターミナルに行きましたが、何行きがあるかもわからない中、とりあえず桜木町行のバスを見つけたので、メゾンのスタッフや家族とメールで連絡を取り合いながら、そのバスを待つことにしました。たぶん2時間ほどで乗れたんだと思います。待っているうちに日が暮れてきてしまい、大船も停電だったので、暗い街で一人になって心細さも出てきましたが、まずは家に帰ろうという気持ちで、帰りのルートのシュミレーションで頭をフル回転していました。信号機のない状態での運行がしばらくあったのと、だんだん渋滞がすごくなってきたので、5時間程かかって関内あたりまで乗って、途中で家族とのメールで東横線も開通したことがわかっていたので、そこからいろんな人に道を聞きながら、歩いて馬車道の駅を目指しました。横浜の趣のある古いビルは、結構損傷していたり、道が隆起しているような所もあり、不安な気持ちを募らせながらようやく電車に乗り、いつものように家路につくことができました。夜の1時位に、無事に帰宅。わが子の顔を見ることができ、ようやくほっとしました。メゾンのスタッフも歩いて遠くまで帰ったり、横浜方面に住んでいる人も多く、夜まで東横線の開通を待って帰ったりして、それぞれが大変だったようです。フェアリーケーキのみんなも、運休してしまったJRの駅の中の対応だったので、とても大変そうでした。学芸大のお店も、木造でとても揺れたこと、外の電信柱がすごく揺れていたりして怖かったようなのですが、幸いなことに被害はありませんでした。

帰宅して見たテレビの光景はあまりにもショックで、こうして無事でいられることが本当にありがたかったです。

まだ地震のショックから、日常の生活に戻れているわけではありませんが、これからの日々を整理して、お店をやっていかなければと思っています。まだ余震の心配もあり、お店のスタッフも一人暮らしで心細い気持ちで暮らしている中で、仕事をスタートし、少しずつこのショックから立て直そうとしています。

余震や原発の心配、計画停電などに加え、流通の障害での材料の調達が困難になってくることで、通常にはなかなか戻れそうにありません。そんな中で、できることしかできない。という割り切った気持ちで、一歩一歩進んでいこうと思います。

仙台に実家があるスタッフのご家族、そしてノートルシャンブルの皆さん達のこと、被害にあわれた方のことを思うと、とても胸が痛みます。

ただ、遠くで起こったことでなく、今もなお、この大きな震災の中にいるということを実感しながら日々を暮しています。

店舗の営業時間や配送の遅延、教室の開催など、先の読めない中で、きちんと対応がとりきれていないかもしれません。Webのスタッフが、すごくがんばって連絡をとったり、ホームページに情報を随時更新したりしてくれています。鎌倉と学大のお店のスタッフも、通勤が大変な中で、なんとかやっていこうと頭をフル回転しています。このような事態の中で、できることを少しずつ進めて、いつもの日々に早く戻れる日が来ることを祈っています。

いろいろと不手際があり、ご迷惑をおかけすることになるかもしれません。romi-unieのスタッフはとってもがんばっております! お菓子とジャムで心和む時間を作って頂ければと思います。

どうぞ、これからもromi-unieをよろしくお願いいたします。

固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/98749/51124056

この記事へのトラックバック一覧です: がんばらなっくっちゃー: