2011年7月25日 (月)

暮しの手帖

今日発売の暮しの手帖 53号で、かき氷を紹介しています。

巻頭の特集はカレーライス。

届いた暮しの手帖をぱらぱら眺めて、

絶対カレーライスを食べたい。と思う。

トラックバック(0)

2011年1月21日 (金)

春のお菓子

今発売中の天然生活で、春のお菓子を2種類紹介しました。

『桜と小豆のパウンドケーキ』と『いちごソースのパンナコッタ』です。

どちらも簡単なレシピなので、ぜひ挑戦してください!

トラックバック(0)

2010年6月22日 (火)

撮影。

今日は、朝からカフェスイーツの撮影。

今回は、さつまいも使ったり、棒茶を使ったお菓子だったり、なんだか日本の素材を使ったお菓子が多くなりました。

お茶のお菓子で考えていると、こういう風になるのかなぁ。

最近、お菓子の趣味が変わってきたのかもしれません。がっつり和菓子に行くことは、ないのですが、でも先日京都に行ってきて、やっぱり和菓子はおいしいなぁ~と思っているところ。あんこと寒天のおいしさにやられました。

トラックバック(0)

2010年5月12日 (水)

カーサブルータスにものってます

今発売のカーサブルータスのパンケーキ&ホットケーキ特集にも、Romi-Unie Confitureのパンケーキミックスを紹介して頂きました。

うちのパンケーキは、薄めに焼いて、もっちりした感じの食感になります。バニラシュガーの香りが甘く香ります。ジャムと一緒に食べてほしいと思って、気軽なパンケーキミックスを作ったのですが、この配合は6年前のオープン時から変わらないのですが、なんか最近のパンケーキブームの影響とこの本の特集を受けて、なんか改良してもいいんじゃん?とか、っていうか、もうちょっとパンケーキ掘り下げたいぞ!という意欲がわいています。ムクムク。

トラックバック(0)

2010年5月12日 (水)

料理通信にのってます

今発売の料理通信。パン特集で面白いです。後ろのほうの中村孝則さん連載の挑戦レシピのコーナーで、ジャム作りを紹介しています。いちごとバナナのジャムの作り方。すごい細かく写真になっているので、是非、見てみてください。

何でもテイスティング講座のクリームチーズも気になります。

トラックバック(0)

2010年3月30日 (火)

bon merci!

子供に作ってあげたいお誕生日のお菓子とお料理の本ができました!

バースデーパーティーブックです。

Bonmerci

飛田和緒先生がバースデーパーティーのお料理担当、私がお菓子担当です。

12ヶ月のバースデーケーキを作りました。がんばって作ってほしいなぁ・・・。

それにしてもお菓子と子供の写真って、かわいいねぇ~。

あおちゃん(表紙の子)はヨーグルトが嫌いらしいけど、かわいくおいしそうに、ヨーグルトゼリーを食べてくれました。プロだね。(プロのモデルさんじゃないけど)

この本は、ベネッセのbon merci!という定期購読雑誌の付録です。(豪華!)

普通の書店には売っていません。

お申込頂くための内容は、HPからご覧下さい。
http://www.benesse.co.jp/bonmerci/

申込みはこちらから
http://www.benesse.co.jp/bonmerci/order/index.htm

また、入会のより詳しいご案内書のご請求は下記より。
======================================
0120-921-500(フリーコール)
受付時間10:00~20:00(日曜・祝日・年末年始を除く)
※一部のインターネット回線からはつながりません。
その場合は086-803-5842へおかけください。ただし通話料がかかります。
======================================

トラックバック(0)

2010年2月16日 (火)

スコーンの本

Scone_cover

romi-unieのスコーン+ジャムとクリーム 

2月19日 主婦と生活社刊 ¥1365(税込)

企画・編集 赤澤かおりさん

ブックデザイン 若山嘉代子さん

撮影 長嶺輝明さん

という、豪華なメンバーで本を作って頂きました。ありがとうございます。

鎌倉Romi-Unie Confitureで、ジャムをおいしく食べてもらおうと、作り始めたスコーン。周りはさっくりとして、中はふんわりしっとり、ミルキーな味わいのスコーンを理想として作りました。なかなか好みのスコーンが出来たので、ずっとずっと作っています。

学芸大学Maison romi-unieが出来てからは、このスコーンにアレンジを加える方法をいろいろと考えて、こうして本になりました。

手作りのスコーンには、やっぱりおいしく作ったジャムやクリームを添えて食べてほしいな。と思っているので、ジャムとクリームのレシピも掲載しました。

こちらの本に載っているのは、Romi-Unie ConfitureやMaison romi-unieで作っているスコーンと同じレシピです。どうぞ、おうちでも同じように作ってみて下さい。そんなに特別な材料はいらないので、おうちでも作りやすいお菓子ですよ。

トラックバック(0)

2010年2月 2日 (火)

romi-unieのスコーン+ジャムとクリーム

Scone_cover

トラックバック(0)

2010年1月11日 (月)

新しい撮影。

本日はCafe-Sweetsの新しい連載の撮影。

Rimg4045 新しい。といっても、また、teteria大西さんとのコンビです。

でも、ちょっとテーマが変わります。

そして、撮影も今日からデジタルになったのです。

もう、野口さんとの撮影も9年目に突入。ずっとフィルムでの撮影だったので、なんだかヘンな気分。

今日からスタイリングにチームromi-unieのちかちゃんも仲間入りしたので、心機一転。みんな気合いの入った撮影になりました。

トラックバック(0)

2010年1月 6日 (水)

校正な日

11月と12月に仕事した本や雑誌の校正を戻すのが続いています。

まずは、2月19日に発売予定のスコーンの本。ステキな写真とデザインになっていて、ほんと、トキメキます!シアワセです!

それと、ボンメルシィ!という通信販売で扱っている食育雑誌の付録の料理本の仕事をしました。4月の付録になりそうです。12か月分のバースデーケーキを作りました。

あと、1月17日に発売になる天然生活。バレンタインに向けて、チョコレートのお菓子を作りましたよ。

怒涛の校正ウィークになりましたが、ほぼ終了。まだ原稿がちょっと残ってるけど・・・

トラックバック(0)

2009年10月24日 (土)

ホットドリンクの季節です

091023_191933 スコーンの本の原稿打ち合わせ@カフェ・ディモンシュ。

編集の赤澤さんはショコラ・ショー、私はインディアン・ミルクティー。

二人とも秋っぽいホットドリンクをチョイスしていました。

スコーンの写真眺めながらだと、ミルクティーはなんだかいい感じでした。

トラックバック(0)

2009年10月16日 (金)

スコーン本

本日、本の撮影が終了しました!

今度の本は『スコーン』です! 発売は来年の2月中旬です。

写真マジックにかかったスコーンたちがおいしそうに登場してきて、なかなか盛りだくさんで楽しい本になりそうです。

撮影がひと段落して、これから原稿。がんばります。

どうぞ楽しみに待っていてください。

トラックバック(0)

2009年10月 9日 (金)

今日から本の撮影です。

来年2月発売のお菓子の本を撮影しています。

昨日は台風で撮影が中止になりましたが、今日からスイッチオンでがんばりモードです。準備はいろいろと大変ですが、好きな人がいっぱいいて、シアワセな撮影現場。

お菓子の写真を撮ってもらうと、何倍にもおいしそうに、ステキに見えるのは、ほんとに魔法です。

しばらく魔法にかけられて、楽しい毎日が送れそうです。

トラックバック(0)

2009年6月27日 (土)

決定版のお菓子と夏のドリンク。

夏ってお菓子作りがちょっと面倒になる季節ですね。

Sweets_at_home そんな季節のお菓子作りのムック本「Sweets at home Vol.3」は、いつでも定番的に作れるお菓子が「伝説のお菓子レシピ」として、特集されていました。

私もカトル・カールのレシピを掲載しました。

 

Spoon_2 あと、7月1日発売のSpoon.でも、

サマードリンクを6ページで紹介しました。かわゆい写真です。

Romi-Unie Confitureのフルーツシロップを使って、

いろんな簡単ドリンクです。 

見てみてくださいねー。

トラックバック(0)

2009年2月26日 (木)

レタスクラブ

2月25日発売の「レタスクラブ」で、クッキーのレシピが4ページ掲載されています。

一口でポコポコ食べられる感じのクッキーをいろいろと載せています。

スタイリングは池水陽子さんで、カワイイ感じになってますよ。

プレゼントにも、おうちでのお茶菓子にも是非、オススメです。

トラックバック(0)

2009年1月 8日 (木)

素朴系女子菓子部

Top_issue1 1月6日に発売になった料理通信、今回の特集は『シンプルスイーツの時代』。

時代はシンプルスイーツですよ!

Maison romi-unieも、「素朴系女子菓子部」の1店として取り上げていただきました。

素朴系女子菓子部ですよ。すごいネーミングですね。

でも素朴系とは女子にかかっているのではなく、菓子屋として素朴系ということなんでしょうね。魅力的なお店がいろいろ載っているので楽しい特集です。素朴系とはいえ、ただ普通の人の玄人はだしというわけではなく、きちんとお店を持って実直に作っているという印象があります。お菓子屋さんの型にはまったお店とは違う魅力になっていくのは、既成概念とは違うところでの、店主の思いみたいなのが強いからなんじゃないかなぁと思います。

最後のほうの「なんでもテイスティング講座」では、みかんジュースの飲み比べをしてみました。20種類位あったんですが、飲み比べって楽しいですね。なんだか、いろいろなもので試したくなってきました。ご一緒にテイスティングした目黒のバーの鈴木さんもステキで面白いお話をたくさんしてくれて、とても楽しい会だったんです。そしてみかんジュースのおいしさにちょっと開眼して、この後ちょこちょこ飲んでいます。

いろいろなレシピも載っているので、興味深い号です。おすすめー!

トラックバック(0)

2008年10月22日 (水)

カップケーキレシピ 発売!

Cupcake_recipe いよいよ発売です!

「いがらしろみのカップケーキレシピ」(小学館)

\1365

手軽に作れるカップケーキのレシピがいろいろ載っています。

Amazonでも気軽に買えます。(おぉ、本の値段が、送料無料にならない!)

ところで、突然ですが明日クオカでマロンを使ったカップケーキのレッスンがあります。

キャンセルがあって席に余裕が出たそうなので、お知らせします。

明日は自由が丘でレッスンです!

詳細は→コチラ

トラックバック(0)

2008年10月20日 (月)

いがらしろみのカップケーキレシピ

Cupcake_recipe カップケーキのレシピ本ができました!

カップケーキは、作って楽しくて食べておいしい魅力的なお菓子です。

いろんな人にカップケーキ作りの楽しさを広めたいと思っているので、

本が出来てうれしい!

基本の生地に混ぜ込んだり、クリームの組み合わせを変えるだけでも、バリエーションが広がりますよー。

この本は、いよいよ10月23日から、小学館より全国書店などで販売開始します。

特別ですが、東京駅Fairycake Fairでは本日より販売開始致します。

アマゾンなどでも、予約開始されています。

本日17時~19時頃まで、店頭に立って本のご案内をしています。

よかったら、会社帰りにお立ち寄り下さい!

Cupcake_recipe2 本日から、11月3日までは、グランスタの1周年記念でもあります。

もう、開店から1年です。早いですねぇ。

さて、1周年の記念に、「いがらしろみのカップケーキレシピ」の中から4種類を限定で制作したBOXを販売中です。

このBOXご購入頂いた方は、ものすごくかわいいピンバッヂも付いていますよー!!!

トラックバック(0)

2008年8月28日 (木)

CUP CAKE BOOK♪

カップケーキの本が、10月末発売になりますよー!!!!

今日は、Fairycake Fairの皆さんと商品開発のミーティングもあったり、

本の原稿のチェックをしたり、カップケーキな気分の1日。

すごくカワイイ本になりますよ!

楽しみにしていてほしいです。

10月25日でちょうど開店1年を迎えるFairycake Fairでも、スペシャルな1周年アーンド本の発売記念というかなり運命的な偶然があったので、気合いを入れてイベントを考えています。

フェアリーケーキでは新作が登場しています!今年はちょっと早い秋の気配なので、洋梨や巨峰のお菓子を出せてよかったです。

もうそろそろ栗の季節。ふふ。

トラックバック(0)

2008年7月23日 (水)

ecocolo旅しました!

Ecocolo ecocoloの企画で、旅をしました。

とはいえ、地元、鎌倉。江ノ電のたびです。

最近はMaison romi-unieの開店準備で鎌倉にあんまり帰っていないので、旅した頃がすでに懐かしいです!

ご近所(自宅から30秒)の所にステキなお店を見つけたり、ここで写真を撮ろう!と盛り上がったり、線路の上に江ノ電もなか置いちゃったりして、取材チームでテクテク歩いてとても楽しいステキな小旅行だったのでした。

夏は暑いけど、でもやっぱり1年の中で盛り上がる特別な季節です。今回紹介したお店はどこもかしこもオススメです。鎌倉旅を計画している方は、海もいいけど電車もね!ってことで、是非参考に読んで頂きたいです。

トラックバック(0)

2008年6月17日 (火)

もうすぐですよーーーー♪

4月に行ったニュージーランド。なんだか、もう昔のことのようです。

Rimg1465

羊もいました。

緑の大地も広かった。

  Rimg1258

そして、このMelting moments?

ってお菓子がめちゃくちゃおいしかった。

(バターのきいた口どけのいい生地にパッションクリームがサンド)

 

それだけ?

いえいえ、もっとステキでしたよ、ニュージーランド。

6月20日売りの天然生活で、ようやくようやく、

そのベールがとりはらわれ、公開されます。

ほんと、ステキでおいしそうです。

これから、ニュージーランドレポートをアップしようと思います。

トラックバック(0)

2008年6月 2日 (月)

只今撮影中!!!

080601_135850 10月に出版予定のフェアリーケーキのレシピ本を撮影しています。

楽しく快調に撮影は進み、ゴールまであと少し。

家庭でも楽しくフェアリーケーキ、カップケーキが作ってもらえるように、いろいろと知恵を絞って考えました。みんなにおうちで作ってもらえるように使いやすい材料から、少しがんばるレシピ系まで。シンプルにおいしく、でもかわいいケーキが出来上がるレシピです。

みなさん、楽しみにしていてください!

昨日のお昼ごはんは冷やし中華。大好きなので、今日のお昼も引き続き冷やし中華。今度、冷やし中華パトロールしようかなぁ・・・。

トラックバック(0)

2008年3月10日 (月)

お茶の子☆ダイアリー

3月5日発売のカフェ・スイーツ、新しく『お茶の子☆ダイアリー』の連載がスタートしました。

teteria大西進さんが、お茶の紹介。私がお茶に合うお菓子の紹介をしています。ページも3ページになって、なんだかパワーアップした感じです。

これから毎月いろんなお茶とお菓子をご紹介していきますので、楽しみにしていてください。

Rimg1228  そして、今週末の3月15日からは、Romi-Unie ConfitureのVitrinesコーナーで「teteria mix tea revolution21」を開催いたします。teteriaの新作のお茶を含めた10種類のお茶が販売されます。

今回のカフェ・スイーツでも大西さんが一番好きと言っているアッサムや、

ミルクティー用の紅茶や、かわいい「ひなそば茶」。

ハーブやお花がミックスされたハーブティーやフルーツが入ったものなどなど・・・。

お茶の時間は、ゆったりとしたときばかりじゃなく、忙しい朝食や仕事中、お休み前のひとときなど、いろんな楽しみ方があると思いますが、ほんの数分のリセット効果もあると思います。teteriaのお茶を、そんないろんな時間に合わせて飲んでみてください。

teteriaのお茶は、今後もwebshopで販売を予定していますので、遠方の方も、是非teteriaのお茶を飲んでみてください!

トラックバック(0)

2008年3月 3日 (月)

アスコム・・・・

51rypnqmkml 菓子研究家になってちょっと経った頃に出た「おうちのスープ」という本は、いろんな料理研究家さんたちにまじって、私も登場しました。

うれしかったなぁ~。今となっては懐かしい、一冊。

51vcxz0wjsl そして、いろんなジャムを試作しまくっていた頃に、本が出ることになって、お店がオープンすることになって、とてもうれしかった「ジャムのお菓子」。お店と同じ2004年に出版されました。本格的な本の撮影ははじめてで、姉さん、兄さん達に囲まれて撮影し、出来上がった本でした。今でも、このチームの方達は、姉さん、兄さんという気がします。

 

この2冊の本は、アスコムという出版局で出して頂いていたのですが、なんと、このアスコムさんが、2月23日に営業停止となってしまいました。

本が、もう、これ以上は世の中に出ないかもしれないので、どうしよーかなーと迷っていた方がいたら、迷わずゲットしてください!アマゾンにも、まだ在庫あったみたいです。

トラックバック(0)

2008年1月 7日 (月)

料理通信!

Photo 料理通信2月号が1月4日に発売になりました。

←表紙の写真は、そうです!「Fairycake Fair」のケーキです!

表紙にして頂けるなんて、しかも、この2月号、ショコラ特集で内容みっちりで、うれすぃいいい!

で、料理通信の中にも案内が出ておりますが、2月5日と6日の2日間、料理通信×三越のイベントで、フェアリーケーキの講習会をすることになりました。

このページのタイトルが『ルレ・デセールメンバーがやってくる!』。ぎゃぽ!(のだめを続けて観て感染)

はい。もちろんルレ・デセールのメンバーではないです。私。笑

コルドン・ブルーで習ったメンバーであるMOFローラン・デュシェーヌ シェフもパリから来日。会場が違うので、会いに行かないとお会いできないのが切ないところですが、でもやっぱりルレ・デセールのメンバーと一緒の土俵なんてあがれねー!!!!と、いくら自画自賛の私でも、そこらへんのレベルのことは、わきまえてます。ハイ。

とにかく、バレンタインの時期にヨーロッパからドバドバやってくるおいしいチョコレートをいっぱい食べて、シアワセな気分になりたいですねぇ。 はう~ん

トラックバック(0)

2007年11月20日 (火)

くらしの中の日用品

Isbn9784840120746 『くらしの中の日用品』赤澤かおりさんの本がでました。

私も、ちろっとでています。

他にも、なんだか魅力的な人の暮らしがでてきます。

やはり人は日々生活してるのだなぁ~

トラックバック(0)

2007年10月 7日 (日)

気になります

P1002963930 ←いちごスウィーツの本の翻訳版。

見つけてしまったけど、知らなかった・・・。っていうか、これは台湾で出版されてるのかな。中国?上海?香港?

http://global.yesasia.com/b5/PrdDept.aspx/section-books/code-c/version-all/pid-1002963930/

Image_2 そして、悲しいことに「お菓子の日々、ジャム屋の日々」は、こんな装丁になってる。

せっかくのデザインが台無し・・・。Romi-Unie Confitureじゃないし、表紙のジャム。

これは台湾で出版されています。

http://www.books.com.tw/exep/prod/booksfile.php?item=0010358861

トラックバック(0)

2007年9月18日 (火)

カナダ!

カナダのオンタリオの旅は、あんまりブログに登場していませんでしたが、2週間の旅、相当満喫したのでした。

Rimg0955 中でも、心に残っているのは、やっぱりメープルシロップを作っている農家に取材した時のメープルの林とか、全体の風景。それと、はじめのほうに行ったメノナイトの町、セントジェイコブスの風景です。広々として、やさしい自然に取り囲まれた、いい環境でした。日本が大好きな私ですが、カナダなら、住める。うん。そう思いました。

Hyosi さて。そんなカナダ・オンタリオの旅が、ギュギューッと詰まったeasy travelerが発売になりました。食べてます。(→でも、これは2週間分だから!)

 個人的な趣味でいうと、ファッションページのLEEのところが、めちゃめちゃかっこよくて、感激しました。みんな普通にトロントの町を歩いていた子だったりするのですよ。(って、撮影裏話を暴いてもいいのか・・・?)

  

         そして、現在Rimg0469 Romi-Unie ConfitureのVitrinesでは、「カナダ・オンタリオ展」と称して、メープル・プチ・フェアを開催しています。オンタリオ産のメープルシロップの様々な種類を小さなボトルで販売中です。

 

Rimg0470 中でも、No.1エキストラ・ライトというメープルシロップは、希少なためあまり売られていないもの。なんてったって、メープルの樹液を採り始めて1日2日だけ(しかもあんまり出ない時期)のものだけで作ってあるのですから!味は、ものすごく繊細です。このままで食べたほうがいいかも?

このほかにも、ライト、ミディアム、アンバーとそろえてあります。メープルの樹液で作られたスキンケア商品もあるので、試してみてください。

Romi-Unie Confitureのオリジナルで、メープルシロップを使ったジャムも3種類作りました。ちょうどラインナップも、秋メニューにも変わり始めてきましたよ。引き続き、メープル・プチ・フェアも開催しています。

それにしても、メープルって、秋に似合う味ですね~

トラックバック(0)

2007年9月13日 (木)

花時間

9月7日に発売になっている「花時間」でバラジャムの作り方などを掲載しました。

バラの香りは、もっぱらキャンドルなどで楽しんでいますが、たまにはこうしてお菓子に使ったりするのも,、うっとりしていいものです。

あまり植物を育てたりしていないので、バラの栽培など、私には遠い世界のことですが、おうちでいい香りのバラを育てている方などは、バラの紅茶やバラジャムなんか、作ったりするのもいいですねぇ。

あー、ゆとりのある暮らしです。あまりゆとりのない生活を送る私にとっては、ハーブティー用のローズが、香りが強くとても重宝します。もちろん、ドライでもおいしいバラのジャム、できますので、是非作ってみてください!

トラックバック(0)

2007年5月24日 (木)

知られざる連載

あまり知られていない連載なので、宣伝。

easy travelerの新刊がもうそろそろ発売になります。

15easy http://www.easytraveler.org/book/index.html

15号からリニューアルしたeasy travelerで、

「まだ見ぬお菓子」というページを連載しています。

こちらも文章モノ&私のダメイラスト。

トラックバック(0)

2007年5月24日 (木)

ロンドン、そして奈良

あたらしい本と、イベントのお知らせです!

Milk_tea 『MILK TEA ロンドンのおいしいお茶とお菓子の時間』

著者:いがらしろみ  keiko kurita
6月30日発売予定

mille books

定価 1,200円+税 ISBN978-4-902744-22-4 C0072

ロンドンを中心に活躍する気鋭の写真家「keiko  kurita」さんと私が、二人で作ったフォトエッセイブック。写真がとってもとっても美しいです!レシピブックではありませんが、ロンドンでの気張らない、普段のお茶の時間とおいしいお菓子の空気がみちっと詰まっています。私がロンドンに行った時に見つけたステキなお店も載っています。どのお店も、真剣にオススメです。本を読んでいると、ミルクティーがきっと飲みたくなる、そんな本。

**************************

出版記念イベントも予定されています。第1弾は、大好きな奈良のくるみの木で・・・

MILK TEA リリース記念  GARDEN TEA PARTY

本の発売を記念し、ガーデンパーティーを開催します。ミルクティーと私の作ったお菓子を振舞います!keiko kuritaさんの撮った写真の展示も行われます。(←これ絶対観てください!)keiko kuritaさんとのトークショーみたいなものも行う予定です。

日時 6/15(金) 1部 13時~14時30分 / 2部 15時30分~17時
   6/16(土) 1部 10時30分~12時 / 2部 13時30分~15時
   6/17(日) 1部 13時~14時30分 / 2部 15時30分~17時
※各15名限定、入替え制です。
会場|秋篠の森  
〒631-0012 奈良市中山町1534
http://www.kuruminoki.co.jp
※会場地図は下記URLをご覧ください。
http://www.kuruminoki.co.jp/makiroad.html
料金|3,150円(税込み)

■ 予約方法
ご予約は「秋篠の森 なず菜」店頭、メール、お電話にて受付いたします。
*メールでのご予約
メールタイトルに【ガーデンパーティー予約】
本文に 
1.お名前
2.人数
3.予約日と回(6/15 or 6/16 or 6/17、1部 or 2部)
※日によって時間が異なりますので、ご注意ください。
4.メールアドレス
を記載の上、
chouchou@qg7.so-net.ne.jp
ミルブックスまでお送りください。数日内に予約確認メールを返信いたします。

*お電話での予約
秋篠の森 なず菜
電話番号 0742-52-8560
(9:00-11:00、15:00-19:00内にお電話ください)
まで予約希望内容をお伝えください。

※人数限定のため、予約後のキャンセル、人数変更等はご遠慮ください。宜しくお願いします。




***************************

MILK TEA リリース記念
いがらしろみ & HAAS presents MILK TEA live party


ガーデンパーティーとは別に、くるみの木 一条店で、なんとも豪華!!な、スペシャルパーティーを開催します。ミルクティーと私が作ったお菓子、そしてHAAS(a.k.a.高野寛 / w 伊藤ゴロー)のライブをのんびり楽しんでもらえるパーティーです。

日時|2007年6月16日(土)  17時30分開場 18時開演(20時終了予定)
会場|くるみの木 一条店
〒630-8113 奈良市法蓮町567-1
http://www.kuruminoki.co.jp
※会場地図は下記URL
http://www.kuruminoki.co.jp/shopmap.html
出演|HAAS(a.k.a.高野寛)+伊藤ゴロー(MOOSE HILL/naomi & goro)
入場料|1名 4,725円(税込み) *紅茶、お菓子付き
定員|50名

■ 予約方法
ご予約は「くるみの木 一条店」店頭、メール、電話にて受付いたします。

*メールでのご予約
メールタイトルに【6/16 くるみの木 ライブ予約】
本文に【お名前、人数、メールアドレス】を記載の上、
chouchou@qg7.so-net.ne.jp
ミルブックスまでお送りください。数日内に予約確認メールを返信いたします。

*お電話での予約
くるみの木 一条店
電話番号 0742-23-8286 (10:00~18:00内にお電話ください)
まで予約希望内容をお伝えください。

※人数限定のライブのため、予約後のキャンセル、人数変更等はご遠慮ください。宜しくお願いします。

このほか、都内でのイベントも予定されていますので、お楽しみに。

トラックバック(0)

2007年4月10日 (火)

里香さん

今日は、福田里香さんのインタビューに伺った。

カフェ・スイーツで始まった連載『お菓子図書室』の記事になる。詳しい話は、カフェ・スイーツをどうぞお読みください。という感じなのですが、

475721310701 最近、里香さんが出版した『まんがキッチン』についてもいろいろお話をきいて、やっぱりこの人は独特で面白いのだ!と、つくづく思うのでした。

恵文社でも、まんがキッチンフェアーがやっていて、中に登場してくる漫画とかが並んでいました。(一冊「西荻夫婦」を買いました)読めば読むほど面白い本で、私には決して踏み込むことのできないジャンルですが、すごくクリエイティヴィティーにあふれていると思う1冊です。

あぁ、里香さんはこの先どんなことをやっていくんだろうと思うと、私は楽しみで仕方がないのです。

トラックバック(0)

2007年3月15日 (木)

飴? 雨?

Photo_2 私の新しい本が出来上がりました。

発売は3月31日の予定ですが、私の手元にはもうあります!ウキ!

初めて出した本「C'est la Fete! ふたつのバースデーケーキ」と同じトリコロールブックスから、発売されます。

今度のタイトルもフランス語。

Apres la pluie... 雨降って・・・ という意味なのですが、これに続く言葉は、le beau tempsとなって、雨降って地固まる・・・というか、どっちかというと、人生楽ありゃ苦もあるさ的な感じかと思うのですが、そんなタイトルです。

お菓子のレシピはひとつで、一冊の本のストーリーの雰囲気も含めたレシピってのもありかなぁと思って作ったものです。小さな本で、カワイイ仕上がりになってます。

お店でも販売いたしますが、通信販売でちょっと早くお送りすることもできます。詳細は下記まで↓

http://tricobooks.exblog.jp/

出版記念のイベントも楽しいものを計画中!まずは1日から京都で!

トラックバック(0)

2007年1月24日 (水)

まだまだひよっこです。

Cafe-Sweetsの連載が新しくなって、今度は『お菓子の本』を紹介するというページになります。お菓子の本に対しての思い入れは強いので、結構熱くなっちゃいます。

さて、記念すべき第1回目は今田美奈子先生のご著書を紹介することになっています。確か、誕生日かクリスマスのプレゼントに中学校か高校のときに両親からもらったものなのですが、この本をきっかけに今田先生の教室に行くことにして、原宿薔薇の館へ通いました。ある意味、私の今の人生のきっかけの1冊といってもよさそうです。

Rimg0473 この連載で、今田美奈子先生をインタビューさせていただくことになったのです。なんと光栄な瞬間だったのでしょう!そして、今田先生のお話を伺って、私はまだまだですー!と、何度も何度も思いました。今、こうして今田先生にお会いしたのも、きっと上のほうの誰かの思し召しでしょう。誰かに、がんばれー!と励まされている気がしました。あ、もちろん今田先生にも応援してもらいましたが・・・。

写真は、インタビューの場所になった赤坂プリンス旧館。めちゃめちゃステキな建物でした!

今年は、ちゃんと勉強したり研究したりします!今田先生、ありがとうございましたー。

そして、夜はさっそく研究。(?)

六本木の龍吟でごちそうを頂きました。すごく楽しくて、おもしろくて、そしてちゃぁんとおいしい。しかも重くない。お友達とのおしゃべりは尽きず、ついつい長居してしまいましたが、次々に出てくるお茶が全部違っているのもステキなサービスでした。とはいえ、長居はいけませんね・・・。

Rimg0487Rimg0497 24種類の野菜に、そら豆のスープをからめて食べます。

デセールも、いろいろあってどれも独創的でおいしかった!これは、おしぼり・・・じゃなくて、フランボワーズとレモンの味のわた飴!しかもおいしい!

また、季節が変わったら行きたいなぁ・・・

トラックバック(0)

2006年12月22日 (金)

アイデアの生まれるところ

上條桂子さんが書いた「ideaedit アイデアの生まれるところ」が発売になりました。

この中でインタビューの記事を書いて頂いています。それにしても、アイデアの出し方ってみんなそれぞれで面白いですね。他の方の記事もすごく興味深い本です。

「お菓子の日々、ジャム屋の仕事」には書いてないこともたくさん出てきました。どういう風に私が考えてるか・・・とか、インタビューしてもらって活字となると、これまたなんだかヘンな感じ。

トラックバック(0)

2006年6月22日 (木)

果物でつくるコンフィチュール

14187655 『果物でつくるコンフィチュール』が発売になりました!

今頃は、きっと本屋さんに並んでいると思います。NHK出版から出ているのですが、「きょうの料理」のテキストでも、今月は毎年ちょうど梅干やジャムが特集される季節。ジャムが作りたくなる季節なのかもしれませんね。

以前の「ジャムのお菓子」が発売されてから、約2年。その間にたくさんのジャムを作りました。作っている間に、こんな作り方をしたほうがいいかもとか、こんなジャムがおいしいかも・・・という試行錯誤が加わって、わかりやすくてシンプルなジャムの作り方に落ち着きました。前のジャムの本と違うけど・・・?というところも当然あります。

Romi-Unie Confitureで人気のジャムの作り方も、そのまま載せています。先日のFeveでのイベントの際に「こんなにいいんですか・・・?」と聞かれたりしましたが、(約80種類のレシピが掲載されていますので聞きたくなる気持ちもちょっとわかります。笑)Romi-Unie Confitureのディレクターである前に、私はやはり菓子研究家として、お菓子作りの楽しさを広める仕事をしていたいと思うのです。そのために、いろんな活動をしている中でのひとつのスタイルとしてのお店です。だから、これでジャム作りにはまる人が世の中にたくさんたくさん増えてくれたら、心の底からうれしいのです。

もちろん、一般的に作りやすいようにお店とは違うやり方を載せるときもありますが、ときどき、「本当のお店のレシピは載せられない」というシェフの本が出版されているという話も聞きます。なんかそんなのは本来の「レシピ本」の意味と矛盾しているような気がします。ただのお店のPRに作っているような本は、自分が買ってしまったらがっかりです。

最初にお菓子を作るようになったのも、母に買ってもらったお料理の本がきっかけでした。それからたくさんたくさん本を読み、そこから多くのことを学ばせていただきました。本はすばらしい!のです。

それにレシピだけでは、お店の魅力になるとも思っていません。ただ食べて「おいしい」とか、そういうことだけじゃない、ジャムの魅力、ジャム屋さんの魅力を直接的に感じてもらえる場所がお店なんだと思っています。いろいろな人から、お店のことをビジネス的に分析されちゃったりするんですが、結構熱い思いがはいってんですよ。語ったら長いです。笑

そんなわけで、Romi-Unie Confitureでジャムがおいしいなぁと思ってもらった方は、今度は是非自分でジャム作りに挑戦してみてもらいたいと思います。できたら、やっぱり砂糖はへらさずに、そのままのレシピで作ってみてほしいです。で、強火で一気に炊いてアツアツのうちにビンに移してすぐに密閉。これがコツです。

あ、あと味見をするときにはパンにつけたり、ヨーグルトに入れたりするときにこの味でいいか?というのを考えながら、味見するようにしてください。ジャムはそのまま食べるものではないので、多少甘みがないと、パンなどと合わせたときに、フルーツの味も弱いものになりがちです。(塩味のきいてない料理も素材の味が生かしきれませんが、そんな感じ)

フルーツもレシピでは300gという分量が基準になっていますが、家庭のお鍋の大きさを考慮したときに、300g~500gが作りやすくてよいものができる分量の気がします。出来上がりのジャムもそんなに多くならないので、毎朝パンやヨーグルトに使う家庭だったら1週間か2週間で食べきれる量で丁度よさそうです。

・・・と、本当に語りが入ってしまいましたが、そんな気持ちを込めまくった一冊です。

トラックバック(4)

2006年2月 9日 (木)

終了ー!

木曜日に、ようやく本の撮影が終了しました。

たくさんのジャムの種類を作りましたが、まだまだ載せきれない程、自分の中にジャムのレシピが溜まっているのは、とても意外でしたが、なんだかうれしいなぁと思うのでした。

本の出版に合わせて、イベントの計画もあります!これも楽しみ!

そして夜はカフェ・スイーツの打合せ。来月売りの雑誌から連載の企画が変わります。楽しい連載になりそうで、準備や段取りがちょっと大変だけど、楽しんでやっています。そんな空気もにじみ出ているとうれしいなぁ・・・。

トラックバック(0)

2006年2月 6日 (月)

チェリーとグロゼイユとローズのジャム

060206231930.jpg

ジャムの本の仕込みをしていて、ふとした拍子にボールを下から眺めてみたら、灯りに透けてキレイだったのです。

トラックバック(0)

2006年2月 5日 (日)

Jam Jam Day!とジャムの本

金曜日はRomi-Unie Confiture Jam Jam Day!いつもの量り売りに加えて、この日はBiscuitierの焼き菓子。そして、朝、新しいレシピのジャムを作って量り売りをしました!ほんとにほんとに出来立てジャムです。

この日のメニューは、シチリア産のブラッドオレンジとりんごのジャム。かなりおいしくできました。レギュラーメニューにいれようかなぁ・・・。

ビスキュイティエのお菓子は、ナナちゃんも来て量り売り。量り売りってやっぱり楽しいです。

060205-133443 ってことで、自由が丘「私の部屋」でのイベントの日があさって!2月7日です。この日は朝から私の部屋で量り売りしております!ビスキュイティエの焼き菓子も、また登場します。ぜひぜひ、来てください!

さて、次の日の土曜日は、ジャム本の撮影。この日は寒かった!じゃんじゃか撮影も進み、台割(ページの割り振りが書いてある用紙)にポジが貼られて、本のダミーが出来上がっていきます。自画自賛ですが、ステキ!です。乙女だけど、シャープ!カワイイです。フランス語的にkawaiiです。←笑 意味不明

デザイナーの藤崎さん以外は全員女子な集まりでは、濃厚な女子高ムードが立ち込めていて、笑いっぱなしの日々です。

060205-133600 ←笑っていても、こんな風に真剣にスタイリングをしてもらっております。私はジャムを作ったりアイデアを出すだけですが、ジャムをすてきに盛り付けて食べたい!作りたい!と思わせてくれるスタイリストさんのマジックがかかり、そしてそれをグッとくるニュアンスで写真にしてくれるフォトグラファーマジックがかかり、全体をキレイにまとめてくれるデザイナーマジックがかかり、そして全体的な本のアイデアを実現化させてレシピをまとめてくれる編集チームがいて、そうして本が出来上がります。

この後も、売ってくれる書店の方などいろいろいろいろいろ・・・・・たくさんの方が関わって本が販売されていきます。

読まずにとってある本が私もたっくさんありますが、このジャムの本は眺めるだけではなく、ぜひジャムを作ってみてほしいと思います。私の気持ちとしては、やっぱりいろんな人に手作りのジャムの味をひろめたいってところなんです。そんな気持ちをこめたジャムの本、出来上がりまでもうひとふんばりです!

トラックバック(2)

2006年2月 2日 (木)

ジャムの本撮影中!

PICT0013 きのうは一日中すごい雨でした。

雨の日は頭痛がしたり、体調がイマイチですが、仕事があるときはそうも行っていられず・・・と言いつつも、やはり寝てしまう。

ヘンな時間に寝てしまいつつも、今日のための仕込みも夜中にまた再開。

今、ジャムの本を作っています。実は半分撮影済み。去年の秋に半分撮影しました。ジャムは年間を通して作れるフルーツとそうじゃないものがあるので、一気にいろんなフルーツのジャムの撮影をしようと思うと難しい。そんなわけで、たくさんのジャムの準備をして、メモをとったりしながら、これから出発。今朝はいい天気だ!

トラックバック(1)

2006年1月28日 (土)

学び

プチグラから出版される「あたらしい教科書」シリーズの0号「学び」に、インタビューが掲載されました。私のお菓子を学んできた過程をちょっとお話ししています。その内容でも触れましたが、高校生のときに今田美奈子先生のお菓子教室に通っていました。

その当時、原宿からちょっと入ったところにあった「薔薇の館」という名前のついた教室で、洋菓子の作り方を習って、その後実習して、出来上がったお菓子を試食しながら今田先生のお話を聞くという内容でした。セレブ&ヒラヒラ&ゴージャスなイメージの今田先生ですが、貴族や歴史関連のお菓子に関する研究は本当にすごい!著書を読み返してみると、たくさんの情報が詰まっています。これこそ、菓子研究家だなぁと思います。世界観こそ違えど、高校生の私にとっては、かなり刺激的なお菓子教室でした。

まぁ、そんなことを思い出しつつ、夜、鎌倉から中目黒のラボまでの間に、この本をちらりと読んでいましたが、ほんの少しなのに、なんだかすごくいろんなことを考えさせられるのでした。

私の世代は、学校に行っていた時期と社会人になってからの時期の世の中の価値観がすごく違う感じがしていて、っていうか、今ってすごくいろんなことがごちゃごちゃしてる気がする。あーなんだかワサワサしてきた。時代が変わる時なのかなー。去年の年末から濃いニュースが多すぎて・・・。いい香りのお茶でも飲んで、のんびりしよう。

トラックバック(2)

2006年1月17日 (火)

本日発売!

オレンジページで、「バレンタインのプチショコラ」というページでチョコレートのお菓子のレシピを紹介しています。スタイリスト堀江直子さん、カメラマンは長嶺輝明さんというスイートスイーツドリンクのチームで撮影しました!かわいい仕上がりになっているのでは!とプチ自画自賛。オレンジページのサイトではちょっぴり立ち読みできます。

オレンジページでは、「どんなところでも手に入る材料で、テンパリングをしないチョコレートのお菓子!」という枠の中で、できるだけおいしくて楽しいメニューを考えるのが、これまた大変!チョコレートでテンパリングしないって、結構頂くお題ですが、本来チョコレートって高度なお菓子のレベルなので、とても難しい。もうちょっとそんなメニューの幅を広げなくては。研究研究。でも、チョコレートは絶対おいしいものを使ったほうがいいものが出来上がります。できたらネットでヴァローナとかバリーとかのチョコを取り寄せてでも作ってほしいなぁ。もうすぐバレンタインですものね!クオカとか、東名食品で手軽に買えるいい時代になったのですから利用しなくっちゃ!

今日は、モデルのはまじさんがラボに来てモアモアハッピー♪な、MOREの「満★福食堂」の撮影。いちごジャムをはまじさんに指導です!ビシビシ!(ウソ)すごく楽しい撮影でした。いちごジャムのほかにも、いちごジャムを使ったおやつの紹介も。超簡単にできるアイスクリーム風(しかもハーゲンダッツ風。笑)は好評でした。これは2月28日に出ますよ。お風呂上りのハーゲンダッツが欠かせないかたは、ぜひこれで手軽に作って冷凍庫にキープしておいてくださいませ。

トラックバック(0)

2005年11月25日 (金)

「おいしいお茶とお菓子の時間」

じゃーーーーーん!

PICT0010 Biscuitier 嶋崎ナナちゃんと作った本が出来上がりました!

11月30日、全国の本屋さんに並びます。

本のタイトルは、『おいしいお茶とお菓子の時間』(マーブルブックス/中央公論社)です!

写真マジックとスタイリングマジック、あーんどデザインマジックで、素敵な一冊になりました。

寒い季節にほっこりするような、お茶の時間を過ごせるレシピがいっぱいです。Romi-Unie ConfitureでもBiscuitierの、ゆるイラスト付き本を販売する予定です!

みなさん、どうぞよろしくお願いします。

トラックバック(0)

2005年10月29日 (土)

ひとりでジャム煮

昨日と今日は、お店が終ってみんなが帰った後、撮影用のジャムを煮ています。

お店のジャムと違って、ちょっとなのです。500gとかだと、あっという間に煮えてしまう。だからじゃんじゃか出来上がります。ジャムってやっぱりシンプル。お店でも買ってほしいけど、やっぱり、いろんな人に家で作ってほしいな。

今日は洋梨やいちじくを使ったジャムを作りました。秋の味覚♪

トラックバック(4)

2005年10月16日 (日)

CHAJINさんの本

去年も今年も5月1日にはフラワーアーティストのCHAJINさんが、1日だけのすずらん屋台を開店しに来てくれました。これは私の毎年の楽しみになっています。今年はCHAJINさんはこの本を作るのに忙しかったのですが、やっぱり来てくれました。CHAJINさんからは、昔やっていた花屋台の話を聞いたことがあって、とてもステキだなぁと思っていて、お店が出来たときに、すずらん屋台をやってもらおう!って願いが叶ったのです。店頭に並ぶすずらんとニコニコのCHAJINさんを前に、みんなみんなうれしい顔になっていきます。すごく楽しくて、本当に幸せな気持ちになれます。これからも毎年、幸せを運ぶすずらんをCHAJINさんにやってほしいと思っています。

今日、CHAJINさんから届いた2冊の本には、CHAJINさんのお茶目でかわくてすっきりとしたフラワーアレンジの数々がたくさん載っていました。おうちで飾るお花にぴったりな感じ。リースの本はこれからのクリスマスの季節の役にも立ちそうだ。私はリースの本の「シクラメンのかほり」というタイトルにやられました!

「小さな花あしらいと12ヶ月の花の話」と「季節の花でつくる12ヶ月のリース」の2冊が出ています。 是非。

051016123957.jpg

トラックバック(1)

2005年8月 3日 (水)

Biscuitierの本を作ってます

8月です。毎日暑いですー。

日曜日は、チーム・ロミ・ユニのあーさんと一緒に「食いしんぼパトロール」に出動。久しぶりにお会いする方がいて、とてもハートウォーミングな1日でした。

月曜日はTico Moonと一緒の仕事でした。お店にもアルバムが2枚あってときどきB.G.M.で流れてます。ココロがゆったりと落ち着くキレイな音楽を作るお二人。都会のアーバンな雰囲気に、私達3人は合っているのか。・・・。かなり疑問な感じでしたが。フフフ。 PICT0042       10月に、いろんなアーティストと料理家たちのレシピブックつきのアルバムが出る予定になっています。楽しみです。

そんでもって昨日と今日は本の撮影!静かに活動し始めていたBiscuitier(ビスキュイティエ)が本を出すことになりました。ヒュー! Biscuitier嶋崎ナナちゃんは、扁桃腺をはらして撮影前に入院。というハプニングもありましたが、充分睡眠をとったせいか、元気もりもりでお菓子を作ったりコーヒーを入れたりしております。私もプロデュース業というものがあんまりよくわかっていませんが(笑)なんだか動き始めた模様です。初心に帰る感じで、いろんなことが新鮮です。イベントもたくさんやりたいなぁ・・・。ま、焦らず楽しくやっていくつもりです。お楽しみに!

PICT0059 ←ナナちゃん、撮影中。バランスおかしい写真です。

トラックバック(1)

2005年7月15日 (金)

コンフィチュール

お店をオープンしてからというもの。少しずつ取材されるようになって、それがどんどん加速がついて、今では数えるのもあきらめてしまって、だいたい200誌くらい?の雑誌に紹介されるようになった。ありがたいことこの上ない。でも、やっぱりその逆で植えつけられたイメージというのもコワイ。ある意味、すでに「コンフィチュール」という言葉がちょいダサになってしまう空気があり。私としては、抗えない時代の空気に、反抗心もチラリと出てきてしまう。いかんいかん。「コンフィチュールとジャムってどう違うんですか?」「あえてコンフィチュールと呼ぶのはなぜ?」とか、「どうして鎌倉だったんですか?」とか「どうしてコンフィチュールがブームなんですか?」とか。うーん。サラリとも応えられる。ときもある。でも、いっぱいいっぱい今までの流れがあって、なんでかわからないけど、いろんな運や出会いや縁でこうして形になったのだ。一言でなんて片付けられない。せっかくそんなところを説明できる本ができたので、読んでもらうのが一番いいかも。

romi-livre5

ところで、世の中でコンフィチュールってほんとにブームなんでしょうか・・・。

* 日日是好日☆はっぴぃダイアリー ( 葉山日記 )さま

トラックバック私信ありがとうございます。2-3日中に行かないと、宅配便で送ってもらえないのですー。もう、警察のほうに届けられているそうで。アイデア帳などが入っていたり、フランスの本が入っていたりするので、今月中にはとりに行く予定にしています。仕方ない・・・。

あ、いがらし先生は禁止。笑  そんな、先生なんて・・・。偉そうじゃないですか!

トラックバック(1)

2005年7月 8日 (金)

菓子研究家の仕事

昨日は、Zakka Catalogの撮影8品の後、イージーの企画の座談会(?)へ。

かなりハードな一日だった!

で、今日は朝、「明治の館」という怪しい名前のついたヨーグルトに桃のジャム入れて食べて来た。今日は1日お店。

お店に着いたら、7月20日発売予定の「お菓子の日々、ジャム屋の仕事」が届いていた。中にはいろいろお世話になった人のことが書いてあるので、みんなに送らなくちゃ。ジャムも一緒に送ろうかなぁ。

romi-livre5 な!なんと!サイン会も企画されています!そんなぁ、サイン会なんて、あんまり人も集まりそうにないよなー。寂しいかもしれないからプレゼント用意しようかな。そしたら集まるかな。

そうだ、Biscuitierに応援を頼もう!

トラックバック(0)

2005年6月28日 (火)

お菓子の日々、ジャム屋の仕事

溶けそうなぐらいに暑いっす。こんな日はスイート スイーツ ドリンクのさっぱりスウィートな飲み物がうれしいです。ホーー(←原田知世ちゃん気分な感じで)

さてさて。そんな『スイート スイーツ ドリンク』が出版されて間もないのですが、今度また新しい本が出版されます!!!

romi-livre5

『お菓子の日々、ジャム屋の仕事』という本で、松浦弥太郎さんが監修の「就職しないで生きるには」というテーマの仕事と生活の本です。出版社はダイエックス出版。私の菓子研究家になるまで、そしてジャム屋ができるまでが綴られている本です。

7月12日頃店頭に並ぶ予定です。どうぞ皆さん、よろしくお願いします!

トラックバック(2)

2005年6月27日 (月)

撮影!撮影!

今日は朝から忙しかった!

まずは10時からNHKのテキストの打合せ。打合せが終わったらバタバタと準備を始めて13次からはカフェ・スイーツの撮影。月曜日はお店のアトリエがお休みなので、アトリエでのジャムの撮影。

撮影は連載でのお付き合いも3年目となった超売れっ子カメラマン野口健志さん。050627-201852 「ジャムのお菓子」も撮ってもらっています。今回は2回分なので、ジャムを8種類。撮影中にミオジャムなどの輸入元F&Bのフランクさんが遊びに来てみんなで試食したりして・・・。で、気が付けばもうその後のレタスクラブの打合せの時間!

1時間ほどの打合せ、どうにもこうにも頭がまわらず、いいアイデアがポンポン出てこなかったー!クー!具体的なメニューはよく考えさせてもらうことに。ふー。やっぱり疲れていると頭もまわらないもんだな。反省。

そんなこんなでお店の営業も終了の時間。昨日もたくさんお客様がいらっしゃってました。メルシー。

こんな忙しい日に考えるのは、いつも菊地成孔氏のこと。彼はもっともっと忙しいんだ。だから私もがんばらなくちゃと思ったりするんだ。あ、今週末の「情熱大陸」が菊地さんらしいです。見なくちゃ。

トラックバック(0)